주요 기사 바로가기

日本五輪委員会元参事「東京五輪無観客なら中止」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.02 18:29
0
新型コロナウイルスよる新型肺炎拡散により東京五輪開催に赤信号が灯る中、「無観客なら五輪は中止」という意見が出てきた。

現在新型肺炎が拡散し、発源地である中国と東アジアを超え世界のスポーツに深刻な脅威要因に浮上している。新型肺炎は欧州、米国、南米、中東など45カ国に拡散し、世界保健機関(WHO)は先月28日に新型肺炎の危険性を最高水準に引き上げた。もし新型肺炎感染者が徐々に減るとしても1万人を超える選手が参加し数百万人の観覧客が集まる五輪大会期間に再び感染者が増える恐れがある。こうした懸念から東京五輪が無観客で行われる可能性もある。

これに対して春日良一元日本オリンピック委員会(JOC)参事は1日、TBSの情報番組『サンデージャポン』に出演し、新型肺炎の影響で五輪が延期されたり中止されたりすることは「99.99%ない」「無観客なら中止」と話した。

春日氏は、「バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長は理想主義者で、理念を伝えるため2020年をにらんでいる。オリンピアードの大会は4年に1度、武器を捨ててスポーツで仲良くなろうという世界平和構築の理念がある。次の年なら疑似オリンピック競技大会」と付け加えた。続けて、「理念からいうと戦いを実際に見て、感じて伝えていくのを大事にしているので、無観客なら中止」とした。

AP通信は「26日に予定された日本国内の聖火リレー日程に支障が生じるならば、(五輪開催可否をめぐる)深刻な兆しになるだろう」と報道した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP