주요 기사 바로가기

韓国外交部長官「中国で韓国人隔離は過度な対応…韓国は自制してきたのに」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.26 07:07
0
中国の一部地域で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡散を懸念して韓国から出発した入国者などを隔離措置している状況について康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が「過度な対応だと判断している」という見方を明らかにした。中国と疎通しながら抗議していると話した。

康長官は25日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開かれた核拡散防止条約(NPT)に関連したストックホルム・イニシアチブ閣僚級会合に参加した後、記者会見で「われわれも中国に対して対応を自制してきたが、中国もそれに相応して自制して過度に対応しないように引き続き疎通する必要がある」と話した。

また「われわれも新型肺炎事態の序盤に武漢など湖北省から来る外国人の入国を禁止したが、各国の評価にともなう措置に対してわれわれが干渉することではない」とし、「しかし、われわれが国内で注いでいる努力を考えた措置が取られるべきで、韓国から来たという理由で条件を付けずに入国を禁止するのは絶対に受け入れられない」と強調した。

康長官によると、韓国外交部は外交部第1次官を中心に中国の韓国発旅行客の隔離問題に対応している。中国の不必要な措置を自制するよう促し、新型肺炎の拡散を防ごうとする韓国の努力を説明するチームが運営されているというのが康長官の説明だ。

康長官は「相手国政府が過度な措置を取ったと判断されれば抗議している」として「各公館は相手国政府を相手に不必要に措置を取る場合は『事前に韓国政府に協議と調整をしてほしい』と求めている」と話した。

特に、康長官は今回の出張の意義について「予定されていた外交日程のために出張を来たが、多国間会議で韓国の状況と政府が取っている措置について説明し、各国に韓国人旅行客に対する制限を含む過度な対応を自制してほしいと求める良い機会だった」と説明した。

韓国から出発した旅行客に対する一部国家の隔離措置が施行されているなかで、康長官が出張の途に就いたことに対して一部では批判の声があがったが、これに対して釈明したわけだ。康長官はこの日、外相会議でヨルダン外相と会談してヨルダンの入国禁止措置に遺憾を表明した。康長官は22日に出国してスイス・ジュネーブ、ドイツ・ベルリンなどの地域で日程を消化している。26日には英国ロンドンを訪問して韓英外相会談を行ってから帰国する予定だ。

これに先立って25日、中国山東省威海市の空港当局は仁川(インチョン)発チェジュ航空の航空機に乗っていた乗客を全員強制隔離した。この航空機には韓国人乗客19人を含んで計167人が乗っていた。中国江蘇省南京でも入国しようとしていた韓国人乗客40人余りが隔離措置されて摩擦を起こした。この他にアフリカのモーリシャス、ベトナム、イスラエルなどの地域で韓国から出発した旅行客の入国を拒否している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交部長官「中国で韓国人隔離は過度な対応…韓国は自制してきたのに」

    2020.02.26 07:07
    뉴스 메뉴 보기
    康京和(カン・ギョンファ)外交部長官
    TOP