주요 기사 바로가기

新型肺炎により韓国で自動車に続き太陽電池工場も一時中断

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.11 20:02
0
新型コロナウイルスによる肺炎の拡散により中国からの部品輸入が中断され、自動車に続き韓国の太陽光発電工場が稼動を止める。

ハンファソリューションは11日に理事会を開き、太陽電池モジュール製造工場である忠清北道(チュンチョンブクド)の鎮川(チンチョン)工場と陰城(ウムソン)工場の稼動を一時中断することを決めたと明らかにした。鎮川工場は12日から23日まで生産を中断し、一部資材需給により17日から20日までは部分稼動する予定だ。陰城工場は18日から23日まで6日間停止する。

ハンファソリューションは生産中断理由について、「新型肺炎拡散防止に向けた中国政府の春節連休期間延長などにより一時的に生産部品需給に支障が生じたため」と説明した。続けて「部品調達取引先拡大を検討し、中国内の資材業者が生産を再開すれば調達所要期間を最小化する方針」と付け加えた。ハンファ関係者は「米国と中国、マレーシアの工場は問題なく回っているが、韓国工場はモジュールのアルミニウムフレームなどに調達問題が発生した。2カ月以上の在庫がある上に中国内の物流が円滑化すれば対応が可能で、売り上げへの影響はないものと予想する」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    新型肺炎により韓国で自動車に続き太陽電池工場も一時中断

    2020.02.11 20:02
    뉴스 메뉴 보기
    ハンファソリューションQセルズ部門の鎮川工場全景。[写真 ハンファQセルズ]
    TOP