주요 기사 바로가기

韓国兵務庁、起訴されたV.Iに入営通知…軍事裁判所で裁判を受ける

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.05 10:10
0
韓国兵務庁が歌手V.I(30、実名イ・スンヒョン)に入営を通知したと4日、明らかにした。

兵務庁はこの日「歌手V.Iに対して公正な兵役義務の賦課のために捜査が終了するにつれ、入営通知書を発送した」と話した。

兵務庁は「民間裁判所で長期間裁判が行われる場合、兵役義務の賦課に支障が懸念されるため、『捜査終了時点に一般人と同じ手続きにより入営を通知する』という立場を継続して表明した」と付け加えた。

兵務庁によると、V.Iが入隊してからは関係法にしたがって裁判管轄権が軍事裁判所に移管される。兵務庁側は「一貫して公正な判決が行われるように検察と積極的に協調し、関連事件に対する民間裁判所の判決結果などの進行経過を考えて裁判を行う」と明らかにした。

兵務庁はV.Iの具体的な入営日時や部隊は個人の兵役事項なので公開しない方針だ。

V.Iは昨年、検察捜査を理由に「現役兵入営延期願」を兵務庁に提出して入営を先送りした。

満30歳を超過する前に正当な理由があれば入営を延期することができるが、V.Iが再び延期を申請しても兵務庁が受け入れる可能性が小さい。すでに入営を1回延期し、兵務当局が民間裁判所の裁判を延期の「正当な理由」と見なさない可能性が大きいためだ。

入営通知後30日以内に入営しなければならないため、V.Iは2月末、または3月初めごろ軍に入隊するものとみられる。

これに先立って先月30日、ソウル中央地検はV.Iを常習賭博・外国為替取引法違反・売春処罰法違反などの疑いで不拘束起訴した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国兵務庁、起訴されたV.Iに入営通知…軍事裁判所で裁判を受ける

    2020.02.05 10:10
    뉴스 메뉴 보기
    歌手V.I
    TOP