주요 기사 바로가기

「ウイルスまき散らしにきたのか」 アジア人忌避に広まったコロナ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.05 07:36
0
中国で発生して全世界に広がっている新型コロナウイルス事態が、国際社会で外国人嫌悪とアジア人差別という予期せぬ状況につながっている。欧州・カナダなどで、中国人はもちろん西欧人が容貌で区分しにくい韓国人・日本人・フィリピン人・タイ人などアジア人全体をひとくくりにして避けたり差別したりする現象が拡散している。英国日刊紙ガーディアン、BBC放送、フランス日刊紙ル・モンド、米国ニューヨーク・タイムズ(NYT)などを総合すると、アジア人は誹謗中傷・侮辱・立入禁止・不買・忌避に登校禁止署名などさまざまな形で差別に直面している。これまでグローバル化と多文化的拡散で「ポリティカル・コレクトネス(PC、Political Correctness:言語などから差別・偏見をなくそうという主張)」が浸透して、水面下に潜り込んだ外国人嫌悪と人種差別が伝染病の拡散に乗じて表面化したといえる。

ル・モンドは最近「『ウイルスに注意を、汚らしい中国人』-コロナウイルスが広がりアジア人対象の人種差別に拡散」という記事で、伝染病がアジア人全体に対する差別に拡大していると報道した。ベトナム系フランス人のミンさんは道を歩いていて題名に登場した侮辱的な言葉とともに「お前はフランスで歓迎されない」とまで言われた。フランスで確定患者が確認されたとの報道が出た直後だった。

パリ郊外フォントネー・スー・ボワのスーパーマーケットで息子を連れて買い物中だったフィリピン系女性はある若者から「ウイルスに気を付けろ、中国人」と言われた。リヨンのチーズ店を訪れたエロディーさんは「アジア人に対しては営業しない」と言われて涙をこらえきれなかった。日本人留学生ジェリーさんは学校でせきしたところ周辺から「お前は皆を感染させようとする」と責められた。ル・モンドは韓国人・タイ人を含めたアジア人が国籍と関係なく外国人嫌悪症や人種差別に苦しめられていると紹介した。

フェイスブックなどでは、差別に遭遇した韓国の情報提供が続いている。こういう現象は「移民者天国」として通じているカナダでも例外ではない。英紙ガーディアンは先週、「カナダの中国人共同体、コロナウイルスで人種差別的な罵倒浴びせられる」というタイトルのトロント発記事で、SNSで中国人を侮辱するコメントが次々と投稿されていると紹介した。インスタグラムではトロントに開業した中国レストランの紹介文が掲載されると人種差別的コメントが次から次へと書き込まれた。トロント北部ヨーク学区の保護者は、中国を旅行した学生は17日間登校できないようにしてほしいというインターネット請願を始めて9000人以上の署名を集めた。ある請願署名者は「野生動物を食べて周辺を感染させることをやめろ」とし「自分自身を自己検疫するか、自分の国に帰れ」とコメントした。中国系カナダ人のテリー・チュウさんはガーディアンに「これは2003年重症急性呼吸器症候群(SARS)事態のときと似ている」と指摘した。当時、カナダ住民と観光客が中国人が経営する店を避けたことから、中国人共同体は10億カナダドル(現レートで約824億円)の損失を被ったことが推定されると同紙は伝えた。中国がウイルスを十分に統制できていない状況で、グローバル社会はウイルスと差別の拡散を同時に遮断しなければならなくなった。 「ウイルスまき散らしにきたのか」 アジア人忌避に広まったコロナ(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ウイルスまき散らしにきたのか」 アジア人忌避に広まったコロナ(1)

    2020.02.05 07:36
    뉴스 메뉴 보기
    孫興民(ソン・フンミン、右)を除いたトッテナムの選手の顔にマスクを合成した写真がSNSに投稿された。欧州で新型コロナウイルスが広がりながらアジア文化に対する忌避が拡散している。[ツイッター キャプチャー]
    TOP