주요 기사 바로가기

THAAD制裁緩和かと思った矢先…中国観光キャンセル率20%で韓国旅行業界「武漢肺炎」にため息

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.24 07:28
0
中国発「武漢肺炎」が各国に拡散している中、ソル(旧正月)連休の超繁忙期を迎えた韓国旅行業界が極限緊張状態だ。中国旅行を計画していた旅行客のキャンセルや変更の問い合わせが相次いでいるからだ。最近、THAAD(高高度ミサイル防衛体系)問題で冷え込んでいた韓中関係が雪解けモードに転じながら、息を吹き返しそうに見えた両国の旅行需要が再び萎縮している。

23日、旅行業界などによると、大韓航空は週4便で運航中の仁川(インチョン)~武漢間の航空便を今月31日まで中断する。中国防疫当局が「武漢封鎖」という超強硬対応策を打ち出したことに続き、武漢空港当局も23日午前11時前に航空会社に国内・国際全便の運航不可を通知しながらだ。大韓航空は中国当局の措置により、2月以後の運航スケジュールを決める予定だ。

この日、韓国大手旅行会社「ハナツアー」によると、今年1~2月の中国旅行キャンセル率が前年同期間に比べて20%増加した。インターパークツアーも1~3月に出発予定の中国パッケージ商品のキャンセル率が15~20%に達する。同社関係者は「今週に入り予約キャンセルの問い合わせがさらに増えている」と伝えた。

他の大型旅行会社でも今週だけで中国旅行を取り止めた予約者が各社1000人を超えたことが分かった。旅行会社は通常、1カ月間で中国旅行客1万人余りを集客しているが、この1週間で1割が旅行を取り消したといえる。

特に、中国はパッケージ商品で旅行するケースが多いため、航空とホテル等が関連していてキャンセルや変更が難しい。韓国政府が天災地変や伝染病感染などを理由に中国を危険国家に指定すれば違約金なしで全額払い戻しを受けられるが、現在までのところ、これといった指針がない。

ある旅行会社関係者は「手数料を払ってもいいから旅行をキャンセルあるいは変更したいという問い合わせが相次いでいる」とし「イシューがある事案なので、できるだけキャンセル手数料の負担が軽くなるような方向で協議している」と話した。

目的地を東南アジアに変更する場合、違約金は取らないという方針を打ち出した旅行会社もある。

韓国を訪れる中国人を迎えるインバウンド旅行業界も状況を鋭意注視している。中国最大の名節である春節(中国の旧正月)を控えて連休期間(24~30日)に韓国を訪問する中国観光客は13万人を超えるものと予想されている。

インバウンド旅行会社関係者は「春節期間に予約した訪韓中国観光客の予約のキャンセルはまだないが、連休中に入国する中国人観光客の健康状態に神経を尖らせている」とし「万一、韓国内で確定患者が出てきた場合、責任を中国人観光客に転嫁しないか心配だ。そのようなニュースが出てくれば今年の国内観光市場はすべてだめになる」と吐露した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP