주요 기사 바로가기

韓経:サムスン「マイクロLEDテレビを300万ウォン台で出す」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.14 09:47
0
サムスン電子が2022年ごろ、75インチ家庭用マイクロLEDテレビを300万ウォン(約28万5600円)台で出すという目標を決めた。1億ウォンに迫る70インチ台マイクロLEDテレビ価格を30分の1水準まで下げるという計画なので、世界テレビ市場に大きな変化をもたらす展望だ。

同社高位関係者は13日、「2~3年以内に75インチのマイクロLEDテレビ価格を300万~400万ウォン水準に下げる」とし「マイクロLEDテレビが現在のプレミアム製品であるQLEDテレビに代わるだろう」と話した。この関係者は「マイクロLEDテレビを生産するためには、今はLED素子を一つ一つ基板に埋め込まなければならないため多くの費用と時間がかかるが、今後の技術革新を通じて原価競争力を画期的に高める計画」と説明した。

サムスン電子は今月7~10日、米国ラスベガスで開かれた世界最大の国際電子見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2020」で家庭用マイクロLEDテレビを公開したが、価格は明らかにしなかった。同社が昨年2月に公開した146インチのマイクロLEDテレビ(商業用)販売価格は最低20万ドル(約2200万円)だった。今年下半期に公開される100インチ以下の製品価格は1億ウォン以下になると業界は予想している。

マイクロLEDテレビはマイクロメーター(1マイクロメーター=100万分の1メートル)単位のLEDを基板に隙間なく敷き詰めて作った製品で、別途の光源やカラーフィルターがなくても色を表現することができる。画面をモジュール方式で分離・結合でき、大きさや解像度の調節が自由だ。マイクロLEDテレビは明るさの調節がしやすいLCD(液晶表示装置)と明暗比の実現力に優れているOLED(有機発光ダイオード)の長所を兼ね備えた次世代ディスプレーに挙げられている。バックライトのために薄くするのが難しいLCDと、大型化が難しいOLEDの短所を克服したという評価を受けている。

マイクロLEDがテレビ市場の中で唯一成長中である75インチ以上大型プレミアムテレビ市場をリードする主役として注目されている理由だ。だが、弱点がある。LED素子を一つひとつ基板に埋め込まなければならないため、製造に時間と多くの費用がかかる。このような短所を2~3年内に技術革新によって克服するというのがサムスン電子の構想だ。

サムスン電子はまず工程改善を通した革新に乗り出す計画だ。同社をはじめ、さまざまな会社が、現在マイクロLEDテレビを生産する時に特殊装備で一定量のLEDチップを一つひとつ基板に移して埋め込んでいる。同社はこのような限界を克服するために空中でLEDを細かく吹き付ける技術を開発中だ。

高位関係者は「現工程でも収率が製品商用化に問題がない90%台以上まで向上してきている」とし「新しい工程技術開発を通じてマイクロLEDテレビ生産に必要な時間と費用を画期的に減らすことができるだろう」と話した。同社は今年下半期に家庭用マイクロLEDテレビを公開する方針だ。

サムスン電子は品質革新を通じてもマイクロLEDテレビの技術的限界を克服する方針だ。現在、プレミアムテレビの主力製品はQLEDとOLEDだ。ほとんどの画素(ピクセル)数が9920万個の8K製品だ。マイクロLEDテレビでこの画素を実現するには9920万個のLEDチップが必要だ。一個のLEDチップが一つの画素を実現するためだ。だが、同社はマイクロLEDテレビの品質改善を通じて2Kや4K製品でも8Kテレビ以上の画質を実現することができると予想している。

高位関係者は「マイクロLEDテレビは自発光する素子なので、2Kや4K製品でも十分に勝算がある」とし「画質改善を通じて一定の空間に多くのLEDチップを埋め込まなければならない短所も克服できるだろう」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP