주요 기사 바로가기

韓国女子バレーも東京五輪へ…男子サッカーも8強入り

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.13 10:12
0
腹筋と腰の痛みも金軟景(キム・ヨンギョン、31、エジザージュバシュ)を防ぐことはできなかった。女子バレーボール代表が金軟景らの活躍で東京オリンピック(五輪)本大会出場を決めた。ステファノ・ラバリニ監督が率いる韓国女子バレーボール代表(世界ランキング8位)は12日、タイで行われた2020東京五輪アジア地域予選の決勝でタイ(14位)をセットスコア3-0(25-22、25-20、25-20)で破った。約4000人のタイの応援団が一方的な応援をしたが、勝者は韓国だった。韓国は2012ロンドン五輪、2016リオデジャネイロ五輪に続いて3大会連続で本大会の舞台を踏むことになった。

実際、試合前は心配が多かった。タイが難しい相手だからだ。韓国は最近10試合でタイに3勝7敗と負け越していた。2018ジャカルタ・アジア競技大会の準決勝など重要な試合で勝てなかった。主将でありチームの中心の金軟景のコンディションは完ぺきでなかった。金軟景はグループリーグでは軽く1、2セットを消化したが、11日の台湾との準決勝には欠場した。

腹筋に痛みがあり、腰の状態も良くなかった。所属チームで世界クラブ選手権、欧州バレーボール連盟チャンピオンズリーグまで出場するなど強行軍を消化し、代表チームに合流する時には疲労が蓄積していた。

しかし金軟景は決勝で先発出場し、両チーム合わせて最多の22得点をマークした。キム・スジ-ヤン・ヒョジンのミドルブロッカーの高さでタイを封じた。イ・ジェヨンは17得点と攻撃で金軟景の負担を減らした。キム・ヒジンも鋭いサーブと打点の高い攻撃を見せた。ベテランのリベロのキム・ヘランとセッターのイ・ダヨンも役割を果たした。

一方、9大会連続で五輪本大会進出に挑戦する韓国サッカーU-23(23歳以下)代表は東京五輪アジア最終予選グループリーグで2連勝し、8強入りを決めた。

キム・ハクボム監督が率いる韓国は12日、タイで行われた東京五輪男子サッカーアジア最終予選兼アジアサッカー連盟(AFC)U-23選手権のグループリーグC組第2戦でイランと対戦し、2-1で勝利した。

9日に中国とのグループリーグ初戦で1-0と勝利した韓国は2連勝となり、8強が競う決勝トーナメントへの進出を決めた。韓国は今大会で3位以内に入れば東京五輪本大会の出場権を獲得する。

中国戦から先発を7人も入れ替えたキム・ハクボム監督の用兵術が光った。中国戦の先発メンバーでなかった2人の選手が得点した。

先制ゴールは前半22分に生まれた。メン・ソンウンのシュートをGKが防いでボールがこぼれると、イ・ドンジュンが走り込んでゴールに蹴り込んだ。中国戦の後半ロスタイムに決勝ゴールを決めたイ・ドンジュンの2試合連続ゴールだ。

さらに韓国は前半35分に追加点を挙げ、点差を広げた。メン・ソンウンからパスを受けたストライカーのチョ・ギュソンが、相手をかわしながら正面から左足でミドルシュートを決めた。

イランは後半9分に1点を返した。CKからレジャ・セカリが頭で合わせた。勢いづいたイランはやや激しいプレーで攻勢に出たが、韓国のDF選手らが組織的な動きで防いだ。韓国はロスタイムのイランの追撃を防ぎ、追加失点なく試合を勝利で終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP