주요 기사 바로가기

韓国、5年以内に新規外国人観光客増やし、都心型航空交通も活性化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.31 15:23
0
韓国では今後5年間、外国人観光客を増やすための航空・観光融複合政策が推進される。該当の空港と地域だけで楽しめるスポットやイメージなど、空港別のブランドを創出するという意味だ。また、ドローンタクシーなど未来都心型航空モビリティー(UAM、Urban Air Mobility)育成のための投資も段階的に推進される。

韓国の国土交通部は31日、このような内容を取りまとめた「第3次航空政策基本計画(2020~2024年)」を確定して告示した。航空政策基本計画は航空運送、安全、空港開発、保安などを総合する航空分野の法定最上位計画として、2010年に第1次計画が策定された。

第3次基本計画によると、持続可能な航空需要を創出するために、従来のアウトバウンド(内国人出国)中心からインバウンド(外国人訪韓客)の新規需要誘致のための政策を強化するなど、航空・観光融複合政策を推進していく方針だ。

また、2025年の都心型航空交通の実用化を目指して、来年5月までに都心型航空交通の細部計画をまとめたロードマップを策定して段階的に推進する計画だ。官民が保有している航空安全関連データを統合収集してビッグデータ分析を通じて安全管理システムを構築し、ドローンテロ防止システムも強化することにした。

スマート空港水準も高め、今後5年間で生体認識・AI(人工知能)に基づく搭乗手続と保安検査、手荷物処理などを取り入れていく計画だ。これまで制度圏の外にあった整備、地上操業、部品・機械装備・空港運営装備製造業、食飲料など各種派生・関連事業活動も航空産業の概念に含めて支援体系を構築していく。

併行して空港を単純交通網から地域新産業育成基地に切り替え、航空需要の増加にともなう各種障害や安全・保安脅威に対応し、ビッグデータとAIを基盤とした保安管理体系を構築する方案も推進される。

国土交通部の権容復(クォン・ヨンボク)航空政策室長は「今回の第3次計画では数年以内に表面化する都心型航空モビリティー(UAM)商用化に向けた下地作りなど、未来航空交通の新たな1ページを提示し、航空産業が観光・製作・物流・サービスなどと連繋した総合ネットワーク産業として成長していくよう力点を置いた」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、5年以内に新規外国人観光客増やし、都心型航空交通も活性化

    2019.12.31 15:23
    뉴스 메뉴 보기
    韓国政府が外国人観光客を増やすための政策を推進する。[中央フォト]
    TOP