주요 기사 바로가기

日本の「観光客4000万人目標」 韓国のため厳しく…菅官房長官「交流は続けるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.19 14:04
0
韓国人観光客の急減で「2020年外国人観光客4000万人」を掲げた日本政府の野心的な目標は達成が難しくなったと、日本メディアが19日報じた。

前日に日本政府が発表した統計で11月の1カ月間に日本を訪問した韓国人観光客は前年同月比65.1%減の20万5000人だった。前年同月比65.5%減だった10月と減少幅は似ていた。韓国人観光客の減少はすでに5カ月連続。

韓国人観光客の減少の影響で11月に日本を訪れた外国人観光客も前年同月比0.4%減の244万1300人だった。10月に続いて2カ月連続の減少だ。2カ月連続の減少は東日本大震災の影響が残っていた2012年以来7年半ぶりとなる。

産経新聞は「1-11月の観光客の累計は昨年より2.8%増えて過去最多だが、今年の年間観光客は(目標より低い)3200万人前後にとどまるとみられる」と伝えた。また「来年4000万人を誘致するという政府の目標を達成するには来年1年間に約25%を増やさなければいけないため(達成は)かなり厳しい状況」と伝えた。同紙によると、11月の観光統計で韓国を除いた19カ国・地域からの訪日観光客は過去最多になったという。結局、韓国人観光客の誘致が目標達成のカギを握っているということだ。

しかし同紙は「韓国人観光客は日本滞在期間が短いため(お金をあまり使わず)日本政府のもう一つの目標値の『来年度観光客消費額8兆円達成』に及ぼす影響は制限的」と述べた。

一方、今まで「韓国人観光客が減ったが、中国などほかの観光客が増えているので問題はない」という立場を表してきた菅義偉官房長官は19日にも似た話をした。菅官房長官は午前の定例記者会見で「1-11月の累計を見ると、中国が14%以上、欧州と東南アジアは16%以上増えた」とし、外国人観光客の内訳を詳しく紹介した。

「今月末の日韓首脳会談で韓国人観光客急減現象が改善するよう韓国側に促すのか」という質問に対し、菅官房長官は「日韓首脳会談の開催のために現在調整が進行中」とし「会談の内容や成果については予断を控える」と答えた。続いて「両国関係が厳しい状況だが、両国関係の将来のために交流は続けるべき」という立場を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP