주요 기사 바로가기

日帝による創氏改名? 仁川芍薬島、本来の地名「勿チ島」を取り戻すだろうか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.18 10:40
0
仁川市東区万石洞(インチョンシ・トング・マンソクドン)には芍藥島(ジャクヤクド)という無人島がある。日帝強占期にこの地域を購入したある日本人画家が「島の形態がシャクヤクのつぼみに似ている」として名付けられた。

最近、仁川市東区はこの島の名前を勿チ島(ムルチド)に変更しようとする計画を推進している。東区によると、芍藥島の本来の地名は勿チ島だ。江華(カンファ)海峡の激しい潮流がぶつかる島だといって名付けられた地名だ。御営庁登録を見ると、勿チ島が朝鮮時代の成均館(ソンギュングァン)が土地、または税金を受ける折受処(官僚が税金の一部を受けるように王が定めた土地)だったとの内容が記されている。高宗(コジョン)実録にも外国船の出没を報告する内容に勿チ島が登場する。

しかし、1917年日本が測度した地形図には勿チ島でない芍藥島に表記されている。東区は今年三・一運動100周年をたたえて固有の名前を取り戻し、島のアイデンティティを回復するという趣旨で地名の変更に出た。東区関係者は「今年10月、勿チ島地名還元推進計画を立てた後、地名の由来を調べて資料を収集している段階」として「住民たちと地域学界でも勿チ島に地名を変更しようというコンセンサスが形成されている」と説明した。

一般的に指名の変更は3段階に分かれる。空間情報の構築および管理などに関する法律施行令により地名の変更に関連した苦情が受け付けられると市・郡・区地名委員会で審議する。ここで議決された案件は市・道の地名委員会に移る。市・道地名委員会の審議を通過した案件は最終的に国家地名委員会に渡される。

この段階で海洋地名は海洋調査院で、その他の自然・人工地名は国土地理情報院でそれぞれ地名委員会を開いて案件を審議する。議決された案件はそれぞれ海洋水産部と国土交通部によって告示される。地方自治体地名委員会で行政安全部に報告して最終決定が下される行政地名の変更とは違いがある。

例外もある。市と市の境界にある場所や道と道の境界にある場所は3段階を経ない。それぞれ市・道地名委員会と国家地名委員会で審議・議決を進める。

誠信(ソンシン)女子大学地理学科のパク・ギョン教授は「芍藥島も勿チ島という本来の地名の根拠が確実であれば十分に変更が可能だろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP