주요 기사 바로가기

<E-1選手権>78回の韓日戦、韓国は14回しか負けていない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.18 09:55
0
78戦41勝14敗23分け。歴代の韓日戦の韓国の成績だ。78回対戦して敗戦はわずか14回。この事実が示しているように韓国は韓日戦で常に優位に立ってきた。

史上初の対戦となった1954年3月7日の国際サッカー連盟(FIFA)スイスワールドカップ(W杯)予選で5-1と完勝して以降、日本との対戦成績で劣勢になったことはない。2000年代以降、日本の追撃が激しくなり「札幌惨事」など4回の敗戦があったが、「日本には勝てる」という自信は消えなかった。

こうした自信は79回目の韓日戦を控えた「ベント号」でも変わらない。パウロ・ベント監督(50)が率いるサッカー韓国代表は18日、釜山(プサン)アジアド競技場で2019東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1選手権の最終戦に臨む。韓国と日本の79回目の対戦であり、今大会の優勝チームを決めるこの試合を控え、両国ともに決然とした意志を見せている。

 
場合の数を考慮する必要もなく、韓国が優勝する方法は日本に勝つこと一つだ。ともに2連勝中の両チームだが、順位は日本が上だ。2試合で7得点1失点の日本は得失点+6で、韓国(3得点無失点で得失点+3)を上回っている。今大会の場合、勝ち点-直接対決の勝者-得失点の順で順位を決めるが、最終戦で韓国と日本が引き分ける場合、得失点で勝る日本が優勝となる。当然、ベント監督も選手たちも最終戦で日本を下して優勝するという結末に集中している。

韓国の逆転優勝する可能性は十分になる。歴代対戦成績は単なる「数字」にとどまらない。日本を相手に強い姿を見せてきた記憶はグラウンドの上で自信につながる。韓国は最後の韓日戦だった2年前のE-1選手権でも相手国の東京で、金信旭(キム・シンウク、31、上海申花)のマルチゴール、鄭又栄(チョン・ウヨン、30、アルサド)、廉基勲(ヨム・ギフン、36、水原サムスン)のゴールで4-1と完勝した。

当時と比べると選手団は大幅に入れ代わり、監督も外国人のベント監督に交代したが、韓日戦に臨む選手の気持ちは変わらない。全員が韓日戦を勝利で飾って優勝するという目標に集中している。ベント監督も就任後初の国際大会優勝に向けて万全の準備を終えた。試合日程に遺憾を表していたベント監督は、一日先に第2戦を終えた日本より休養日が少ない韓国選手のため、17日午前の練習後から18日の試合まで長い休養を与えることにした。中国戦でけがをした文宣民(ムン・ソンミン、27、全北現代)も午前の練習に参加し、出場の可能性を見せた。

韓国が日本に最後に敗れたのは6年前の2013年にソウル蚕室(チャムシル)で開催された東アジアカップだ。当時、韓国は2試合連続の無得点引き分けの後、最終戦で日本に1-2で敗れた。14敗のうち最後の1敗をホームの蚕室で喫しただけに、一回りしてまた韓国で行われる今回の対戦では勝って雪辱するという意志がいつよりも強い。79回目の韓日戦の結果が勝利で終わるかどうかは18日晩に決まる。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <E-1選手権>78回の韓日戦、韓国は14回しか負けていない

    2019.12.18 09:55
    뉴스 메뉴 보기
    2017年E-1選手権の日本戦でマルチゴールを決めて歓呼する金信旭(キム・シンウク、9番)。[大韓サッカー協会]
    TOP