주요 기사 바로가기

サムスン電子、カナダに4・5G移動通信装備を初めて供給

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.16 14:20
0
サムスン電子がカナダに初めて第4世代(LTE-A)と第5世代移動通信装備を供給する。

サムスン電子は15日、「カナダの有線、無線通信事業者のビデオトロン(Videotron)に4G LTE-Aと5G通信ソリューションを供給する」と明らかにした。ビデオトロンは1964年の設立以降、ケーブルテレビと超高速インターネットサービスを提供し、2010年から移動通信サービス事業に進出した。ビデオトロンは現在4G LTEサービスを提供中で、来年下半期から4G LTE-Aと5G商用サービスを始める計画だ。

サムスン電子は2020年上半期から事業者が保有中の4G LTE周波数帯域に対応する「デュアルバンド基地局」「大量多重入出力(Massive MIMO)基地局」など最新の4G LTE-A通信装備をカナダのケベック州とオタワに供給し、今後3.5GHzと28GHz帯域の5G通信装備を供給する予定だ。

サムスン電子は「韓国・米国市場で検証された4G LTE-Aと世界初5G商用化経験をもとに2020年下半期から本格化するカナダ5G商用時点に合わせてより効率的にカバレッジを確保する一方、安定した超高速通信サービスを提供する計画」と明らかにした。

ビデオトロンのジャン・フランソワ・プルーノ社長は「世界初の5G商用化経験と競争力のある製品を持つサムスン電子との協力で、世界で最も進んだ通信技術を適用できることになった」とし「ビデオトロンは4G LTE-Aと5Gは個人と個人、個人と周辺環境の相互作用を革新的に変化させ、ビデオトロンは5G時代にも革新的なサービスを顧客に真っ先に提供する」と述べた。

サムスン電子ネットワーク事業部長の田敬薫(チョン・ギョンフン)副社長は「ビデオトロンとの4G LTE-A、5G供給契約は韓国の先端移動通信装備がカナダに初めて供給される記念碑的なことであり、進んだ移動通信技術の導入を加速させ、カナダの次世代通信技術の普及に寄与する」とし「韓国、米国など5G先導国で蓄積した商用化の経験に基づき、グローバル4G・5G装備市場での位置づけをさらに高めていく計画」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP