주요 기사 바로가기

トランプ大統領に脱北者から書簡「金正恩にだまされている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.15 12:49
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権で働いた高位級脱北者がトランプ米大統領に書簡を送り、北朝鮮にだまされているとして北朝鮮のエリート層を刺激し金正恩を追放できるよう心理戦を強化すべきと主張した。ワシントンタイムズが11日に報道した。

同紙はこの日、複数の消息筋の話しとして、「脱北高位人物の書簡がホワイトハウスのポッティンジャー副補佐官と国家安全保障会議(NSC)のフッカー韓半島担当補佐官に伝えられた」としてこのように伝えた。

元米政府当局者によると、この脱北高位人物は1年ほど前に北朝鮮を脱出した。現在は米政府機関で主要諮問役を務めるなど、「国家安保関連部署にはよく知られている人物」と同紙は伝えた。この人物は自身が「50年間北朝鮮で暮らし、30年間朝鮮労働党幹部として働いた」と紹介した。

ワシントンタイムズが入手した書簡のコピーで、この人物はトランプ大統領がだまされているとしながら、米国は北朝鮮に対する全面制裁に出て北朝鮮の核施設に対する先制攻撃に出る準備をしなければならないと強調した。

北朝鮮の金正恩国務委員長にとって核兵器とは「自身の生存と(北朝鮮の)社会主義体制を守り、自身の支配の下で韓国との統一を成し遂げることができる最後の手段」というのが彼の説明だ。

今回の警告はホワイトハウスが北朝鮮の軍事・修辞挑発、相次ぐ核実験にもかかわらず、トランプ大統領と金正恩委員長間の外交的解決に向けた新たなモメンタムを模索しているところに出てきたものだ。

書簡を送った脱北者は、北朝鮮が米国と非核化関連対話に出た2年間に核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射を中断したが「金正恩はその裏で依然として核脅威を加えてあなた(トランプ大統領)との関係を利用した」と指摘した。

続けて「北朝鮮問題を解決する最も効果的な方法は心理戦をすること。核爆弾に匹敵する威力を持つものであり、北朝鮮の人々が自ら自分たちの問題を解決できる理想的方法でもある」と強調した。

北朝鮮がこれまでひとつも核兵器を廃棄していない点、そして韓国と在韓米軍基地を打撃できる短距離弾道ミサイルなど武器試験を継続してきた点などがこれを傍証するという主張だ。

続けて彼は「北朝鮮の『韓半島非核化』の主張は核兵器を運用できる(在韓)米軍と戦略資産撤収を通じて自分たちに対する核脅威をなくすことを目標にしている。これがまさに(金正恩が話した)先代の遺訓」と言及した。

ただ彼は「独裁者が死んでも北朝鮮に混乱は発生しないだろう。北朝鮮は労働党があらゆることを統制するためすぐに新しい指導者を立てて国を安定させようとするだろう。それよりは有事の際に北朝鮮国内のエリートと協力できる案をまとめなければならない」と注文した。

一方、ホワイトハウスはこの書簡に関する論評を拒否したとワシントンタイムズは明らかにした。ただ消息筋2人がこの書簡がホワイトハウスのポッティンジャー副補佐官とNS)のフッカー韓半島担当補佐官に伝えられたことを確認したと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ大統領に脱北者から書簡「金正恩にだまされている」

    2019.12.15 12:49
    뉴스 메뉴 보기
    [ワシントンタイムズホームページ キャプチャー]
    TOP