주요 기사 바로가기

脱北者「北で公開処刑減ったが、こっそり連行して鈍器で叩き殺す」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.24 13:38
0
「公開処刑は最近あまり聞かない。しかし2015年に拘留場にいた時、看守が静かに連れて行き、黒い布をかぶせて歩かせ、後ろから鈍器で殴って殺すという話を聞いた。非公開処刑が続いているという話だった」 (今年脱北したAさん)

北朝鮮当局の人権侵害行為は依然として多いという主張があった。特に不法拘禁など自由権を剥奪する形で発生しているという。2013年の張成沢(チャン・ソンテク)元国防委副委員長処刑で民心が動揺して以降、公開処刑は減ったが、これは処刑自体が減ったというより「非公開処刑」方式に転換された可能性が高いという分析だ。

社団法人の北朝鮮人権情報センター(NKDB)が23日午後に発表した内容によると、北朝鮮の住民は現在も不法拘禁・拷問、暴行・強制売春・性暴力など人権侵害的な状況に置かれている。

次は2012年から18年の間に北朝鮮を脱出した脱北民が経験した人権侵害に関する証言をNKDBが公開したものだ。

「集結所で2カ月間監禁され、性暴力を受けた。髪を引っ張られて連れて行かれる。そして椅子に縛って殴る。あまりにも殴られてぼう然としている時、服を全部脱がせる。初日は(指導員が私を)なだめていたが、私が反抗すると暴力を加えた。1カ月ほど過ぎてからは反抗をしなくなった。最初の1カ月間は引きずられて行き、本当につらかった。話したくないほど。しかし1カ月が過ぎてからは自分の足で行った」 (キムさん、女性、咸鏡北道)

「新兵の時は53キロ、病院に行く時は38キロ、病院から出る時は43キロだった。体が弱ってつらかった。30キロ台の人も多かった。骨に皮膚だけになって…。当時は脱営者も多かった。新兵訓練を受ける時は飯は食べられなかった。トウモロコシ飯や麺でも食べたかったが。麦を粉にして水と野菜と入れて混ぜ、3カ月間もそれを食べさせるが、本当に吐いてしまうほど当時は苦しかった」 (カンさん、女性、黄海北道)。

このほか強制労働・人身売買などに関する証言も多数公開された。NKDBの関係者は「これは『最も衝撃的な証言』を公開したのではなく、脱北民の多くが経験した普遍的な経験であり、一部はさらに深刻な暴力についても証言した」と主張した。

◆「北朝鮮住民の間で人権意識が芽生えている」

NKDBによると、北朝鮮当局の人権侵害行為は相変わらず深刻な水準だったが、これに対応する北朝鮮住民の態度は以前とは違うという。NKDBのキム・ソウォン研究員は「一部の北の住民の間で人権に対する認識が生じている」とし「最近の脱北者の証言を聞くと、一部の北朝鮮住民は『何が人権侵害行為か』『自分が人権侵害を受けているか』について認知している」と伝えた。

その原因として市場の活性化を挙げた。キム研究員は「咸鏡北道(ハムギョンブクド)など国境地域で市場が活性化し、情報の流通も速くなっているためと考えられる」とし「ただ、まだ内陸地域の住民まで認識水準の変化が生じたとは見なしがたい」と話した。ある脱北者は「人々の生活レベルが上がり、もう防ごうとしてこそ防げない程度になっている。法が強くなっても人々がそれに対抗する。金正恩(北朝鮮国務委員長)が『死ね』と言っても死ぬのではない」と証言したという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    脱北者「北で公開処刑減ったが、こっそり連行して鈍器で叩き殺す」

    2019.10.24 13:38
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮国境地域の丹東にある女性政治犯収容所[写真 オープン・ドアーズ]
    TOP