주요 기사 바로가기

【時論】文在寅政権「コンクリート支持」の秘密

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.11 09:19
0
いま韓国政治に2つの大きなミステリーがある。ひとつは文在寅(ムン・ジェイン)政権がそのあらゆる失策にも任期折り返し点に高い人気を得ているという事実だ。もうひとつは政府・与党の多くの失策にも野党の人気が足踏みしているという事実だ。こうした二重的ミステリーをどのように解くべきだろうか。

説明は簡単だ。一言で国民が片方からは「魂」を感じており他方からは感じられずにいるためだ。魂とは何か。1人の人間または集団が持つ「価値の束」だ。すなわち理念だ。この政府・与党は執権以来その理念と価値の臭いを絶えず漂わせてきた。これに対し野党はその臭いをほとんど漂わせることができなかった。まさにこうした違いだ。

世界的に進歩政党の基本的理念は何か。「ともに良い暮らしをしよう」ということだ。公平と平等という価値だ。注目すべき事実はこの政権がこれまで出した政策の大部分が理念と論理的・実質的一貫性があるという点だ。最低賃金大幅引き上げ、週52時間制導入、親労組政策、高齢者など社会的弱者のための雇用創出をはじめ、あらゆる政策が一貫して「ともに良い暮らしをしよう」という理念を具現してきているという印象を国民に与えている。

理念と実際の政策の間に一貫性があれば国民はそこに真心を感じる。そしてどんな「生きている魂」を感じることになる。この「魂の臭い」がそのあらゆる政策失敗にも進歩をコンクリートのようにひとつにまとめるのだ。

これに対し保守野党はどうなのか。2年半にわたり「魂の臭い」をほとんど漂わせることができなかった。何よりこの党の魂と理念が何かよくわからない。党の指導者がそれについて言及するケースがほとんどないためだ。だからそのまま無条件に反対だけするような印象を与えてきた。このためこの党は最近「ゾンビ政党」という恥ずかしいニックネームまで得た。

それなら公平・平等という進歩の理念に相応する保守の理念は何か。それは自由と選択だ。国民に最大限多くの自由を与え、これを通じてさらに多くの選択を享受できるようにしようということが国を問わず保守の最も核心的な理念だ。ところが韓国の保守野党指導者が自由や選択という価値を言及するのを聞いた記憶はほとんどない。

いまの進歩政権が平等を実現するための政策として国民が現在享受している自由と選択を制限するという時すら、どの保守野党リーダーも「国民が享受する選択を減らすものであるため、それはならない」と主張するのを見たことがない。例えば政府が自律型私立高校・特殊目的高校の一括廃止方針を発表した時に野党が提示した反対論理はせいぜい「拙速」「法律ではなく施行令で推進する」という皮相的で小枝のような反対論理だけだった。

先週韓国の保守政党代表がある大学で講演し週52時間制を批判した。よくやったことだ。ところが彼が掲げた名分はせいぜい「国民はまだもっと働かなければならない」ということだった。本当に「老害」的な名分で、ずっと以前に用途廃棄された開発独裁時代の名分だ。おそらくその日の発言ひとつで多くの若者が保守政党から心がさらに離れなかっただろうか懸念される。

万一、彼が同じ趣旨を「良い国は国民に多様な選択を与える国だ。100時間働きたい人には100時間を、30時間働きたければ30時間働くようにするそうした自由と選択を多く与える国が良い国だ。わが党はまさにそうした国を作る」としたとすればどれだけ多くの拍手喝采を受けただろうか。

自由と選択という価値がまさに保守の魂だ。保守政党は速く魂を取り戻さなければならない。そうでなければ保守政党の未来、大韓民国の未来は極めて暗くならざるをえないようだ。

チョン・ソンチョル/グローバルスタンダード研究院(IGS)会長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP