주요 기사 바로가기

【時論】脱北者が涙を流しながらも憤る理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.10 09:59
0
脱北した20代若者の漁民2人が亡命の意向を明らかにしたにもかかわらず、文在寅(ムン・ジェイン)政府が強制追放して北朝鮮に送還した事件の衝撃が消えていない。国防部・統一部・国家情報院と大統領国家安保室側は適切な手順を踏んで処理したと釈明している。

しかし、秘密強制送還事件の進行過程を振り返ると、民主主義国家である大韓民国でどうしてこのようなことが起きることができるのか信じられない。違法と違憲的な行為が所々であらわれているためだ。亡命の意向を明らかにした脱北者をわずか5日で北朝鮮に強制送還したのは前例がない。政府当局者の説明のように強制送還された亡命若者漁民2人が殺人犯だからといっても彼らは強制送還の対象でない。犯罪者であれば北朝鮮の離脱住民の中で保護対象から除外されるだけだ。大韓民国だけでなく国際社会と人権団体が脱北民の人権に関連して適法性と手続きを疑うほどだ。

北朝鮮政権は大韓民国から脱出(脱北)し、あるいはそのような意図さえあっても政治的に重犯罪扱いにする。この場合、本人はもちろん家族まで裁判など民主的・法的な手続きも経ずに死刑に処したり強制収容所に送ったりする。亡命漁民の北朝鮮送還の過程に介入した当局者はほとんどが政府の高位公務員だろう。このような常識を分からなかったはずがない。北朝鮮政権のこのような反人権的な行為を誰よりよく分かっている大韓民国政府機関が北朝鮮が求めたこともない段階で先に亡命者を北朝鮮に強制送還した。反人権的な強制送還の執行過程でただ一人の公職者もブレーキをかけなかった。北朝鮮に送還された若者二人の北朝鮮に住む家族にも命の脅威をもたらした。これは事実上、未必の故意による殺人に他ならない。

筆者は脱北して13年以上大韓民国の国民として生きている。今回のことを決定した政府当局者が北朝鮮に送還された2人の若者が自身らの兄弟か家族だと思えば、いくら上層部の指示だからといってもこのようなことまでしただろうか問い詰めたい。大韓民国の構成員になることを願っていた亡命者の人権をこのように踏みにじった政府当局者は法的な責任に先立って良心の呵責を感じるべきだ。今回の事件を通じて憲法でなく権力に忠誠をつくす公務員を見ながら公職社会に対する信頼が根元から揺れているようだ。

今回の北朝鮮強制送還事件を通じて脱北民(北朝鮮離脱住民)に関連した政策で大きな混乱と不確実性をにじませた。波紋がどこまで広がるか分からない。類似した事件が起きる懸念も排除し難い。直ちにベトナムから脱北者10人が中国に追放されたが、韓国政府が何も助けなかったという報道が出てきた。脱北民社会はもちろん、北朝鮮で自由を求めて脱北しようとする意図を持っている北朝鮮住民たちにも衝撃と恐怖を与えた。統一を目指してきた大韓民国の憲法的な価値に対する疑問を持たせた。

北朝鮮は今回の事件を口実に「ほら、南朝鮮(韓国政府)もすでにわれわれ(北朝鮮政権)の見解を尊重している。さらに、脱北した悪質反動(脱北民)が大韓民国に行っても必要であれば再び捕まえてくることができる」としながら各種宣伝・謀略活動に利用する口実を与えた。自由を求めて大韓民国に来る権利がある北朝鮮住民の自由に対する人間の原初的な渇望を根元から揺さぶった。

亡命者2人の北朝鮮送還を提案した日、文在寅政府が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の韓-ASEAN特別首脳会議招待親書を北朝鮮に送ったという報道は信じ難いほど衝撃的だ。特使でも送ってほしいと北朝鮮に切実に願う文在寅政府によって亡命若者の漁民が政治的な犠牲になったという主張が野党から出ている。

個人の自由を尊重する大韓民国の憲法体制で脱北民が強制送還される悲劇が再びあってはならない。死地に追い込まれながら亡命若者漁民2人はこのように絶叫しただろう。

イ・ユンゴル/脱北民・北朝鮮戦略情報サービスセンター代表

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP