주요 기사 바로가기

サムスンの次期フォルダブルフォン、あるようでないような継ぎ目?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.06 17:27
0
サムスン電子のフォルダブル次期作に「目に見えない」ヒンジ(継ぎ目)が装着されるものと見られる。4日、オランダのIT専門メディア「レッツゴーデジタル」が「サムスン電子が2日、欧州特許庁(EUIPO)に『ハイドアウェイ・ヒンジ(Hideaway Hinge)』という名前の商標を出願した」と報じた。同メディアは「サムスン電子が来年発売する上下に折りたたむ方式(クラムシェル)のフォルダブルフォンに搭載する可能性が高い」と伝えた。

ハイドアウェイ・ヒンジは、目にはほとんど見えない新しい種類のヒンジで、スマートフォンはもちろん、タブレットなどに適用できるというのが外信の分析だ。サムスン電子は今年発売したギャラクシーフォールドがヒンジに異物が入る不具合が発生したため発売を遅らせた。これにより、業界では「サムスン電子が次の製品には完成度をより高めたヒンジを装着するだろう」という予測が提起されてきた。

フォルダブルフォンを作る企業はヒンジの競争力を高めることに力を入れている。中国ファーウェイ社はフォルダブルフォン「メイトX」の「ファルコン・ウィング(Falcon Wing)」、TCLは来年発売するフォルダブルフォンに入るヒンジを「ドラゴン・ヒンジ(Dragon Hinge)」とそれぞれ命名した。ヒンジは蝶番を意味し、フォルダブルフォンを折ったり開いたりできるように接合する部品だ。フォルダブルフォンの耐久性はもちろん、性能を左右するほど重要な役割をする。

一方、サムスン電子の第2のフォルダブルフォンはクラムシェル形で、来年2月に公開されるものとみられる。開いた画面がギャラクシーフォールド(7.3インチ)よりも小さい6.7インチで、内部ディスプレイのインカメラと外部に2つのカメラが装着されるものと分かった。サムスンの新しいフォルダブルフォンの価格は1000ドル(約10万円)以下で販売され、ギャラクシーフォールドの半額程度に過ぎないとみられる。来年初めに1500ドルで発売されるモトローラの「レーザー」とフォルダブルフォンの大衆化時代の先導競争を繰り広げる見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスンの次期フォルダブルフォン、あるようでないような継ぎ目?

    2019.12.06 17:27
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子が来年2月頃に発売すると予想されるフォルダブルフォン[写真 サムスン電子]
    TOP