주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>米朝衝突様相で金正恩委員長が信じるのはミサイル(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.06 14:13
0
北朝鮮は今年に入って歴代最も多くのミサイルを発射した。ミサイル級に属する大型放射砲(多連装放射砲)まで含めると13回で27発だ。2016年の24発、17年の21発より多い。18年には米国と首脳会談で発射を一時中止した。ミサイルの実力も急成長した。すべての種類のミサイルを完成し、実戦を準備している。北朝鮮各地に設置中のミサイル発射用コンクリート地面がそれだ。移動発射台からミサイルを発射するにはまず水平にするのに時間がかかる。しかしコンクリート上では直ちに発射することができる。韓米軍の攻撃を受ける前に発射して離れる戦術だ。ちょうど米朝間の緊張が高まっている。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の自信は核を搭載したミサイルにある。

北朝鮮が実戦用のコンクリート発射場を建設し、米国が緊張している。最近、異例にも米軍偵察機が相次いで韓半島(朝鮮半島)上空を飛行している。普段は決して見られない特殊偵察機リベットジョイント(RC-135V)とEP-3EおよびRC-135W、戦時に使用する地上監視偵察機ジョイントスターズ(E-8C)、高高度戦略偵察機U-2Sなどだ。北朝鮮が米国の偵察衛星が通過する時間帯を避けて大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射、武器移動、軍事施設の補強などをする動きを見逃さないという意図だ。本格的な軍事作戦対応レベルであり、兆候が尋常でない。

北朝鮮は米国との非核化交渉が失敗すれば、ICBMを発射するかもしれない。北朝鮮外務省のイ・テソン米国担当次官は「年末の期限が迫っている」とし「クリスマスプレゼントに何を選択するかは全面的に米国の決心にかかっている」と述べた。北朝鮮は2017年には米国独立記念日(7月4日)に合わせてICBMの火星-14を発射した。

トランプ米大統領が3日、金委員長を「ロケットマン」と呼び、「我々はそれ(軍事オプション)を使う必要がないことを望む。しかしやむを得ない場合はそれを使う」と警告した。米国のレッドラインは北朝鮮のICBM発射だ。金正恩委員長がレッドラインを越えれば、トランプ大統領は軍事オプションを使うということだ。

トランプ大統領の軍事オプション言及に北朝鮮が一昨日深夜、立場を表した。朝鮮軍の朴正天(パク・ジョンチョン)総参謀長の談話で「米国が武力を使用すれば我々も迅速に相応の行動を加える」とし「武力には武力」で正面から対抗するという。

金委員長は大きな決断をするたびに訪れる白頭山(ペクドゥサン)三池淵(サムジヨン)にも行った。また北朝鮮は年末の労働党全員会議を予告した。米国との関係が悪化すれば国家レベルで新しい路線を決めなければいけないからだ。武力衝突を予告する「新しい道」とみられる。国防情報本部長を務めたある予備役将官は「公開はしていないが、北がICBMを発射する動きがあるようだ」と述べた。

では、金正恩委員長が信じる北朝鮮のミサイルの実力はどこまで進んでいるのだろうか。まず戦略的能力だ。ミサイル専門家のクォン・ヨンス元国防大教授によると、北朝鮮は2016年にすでにICBMの要素技術を終え、2017年11月に射程距離1万3000キロの火星15を発射した。米国を驚かせた火星15は当時、飛行性能を十分に発揮した。しかし弾頭の保護材質が弱く大気圏に再進入しながら東海(トンヘ、日本名・日本海)上空の数キロの高度で燃えてしまった。ところがその水準でもニューヨーク上空10キロ以上の高度で爆発させるのに問題はないという。

高高度で核弾頭が爆発すれば地上に直接的な核被害はないが、強力な電磁波(EMP)を放出する。その時に生じるEMPはニューヨークを含む広範囲の地域のコンピューターや通信機器など電子装置を完全にまひさせることができる。クォン教授は「北が火星15を発射してからすでに2年も経過した」とし「今は大気圏再進入能力まで備え、地上攻撃も可能だろう」と判断した。さらに北朝鮮のICBMは複数の核弾頭を搭載できる多弾頭構造と推定している。米全域を同時に打撃することができる。北朝鮮が今年末に米国に贈るというクリスマスプレゼントになり得る。米軍が緊張する理由だ。 <Mr.ミリタリー>米朝衝突様相で金正恩委員長が信じるのはミサイル(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <Mr.ミリタリー>米朝衝突様相で金正恩委員長が信じるのはミサイル(1)

    2019.12.06 14:13
    뉴스 메뉴 보기
    トランプ大統領、金正恩委員長
    TOP