주요 기사 바로가기

ニッキー・ヘイリー氏「トランプ大統領、狂人理論で北朝鮮問題を扱っている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.13 09:57
0
ニッキー・ヘイリー前国連駐在米国大使が、ドナルド・トランプ米国大統領が狂人理論を駆使しながら北朝鮮問題を扱っていると主張した。

トランプ政府の初代国連大使を務めたヘイリー氏は、12日(現地時刻)に発刊された自身の回顧録『With all due respect(お言葉ですが)』の中で、「2017年国連北朝鮮制裁決議のために安全保障理事会の理事国を説得する過程で、トランプ大統領は(軍事的対応を含めた)すべてのオプションが交渉テーブル上にあると北朝鮮に伝えさせた」と明らかにした。ヘイリー氏はまた、トランプ大統領が自身に「北朝鮮が私を狂人になったと思わせるようにしろと指示した」という。

狂人理論はリチャード・ニクソン政権時代、ヘンリー・キッシンジャー国務長官が考案した概念で、自身を奇人と思わせて交渉を有利に誘導する戦略だ。国連安保理で、中国とロシアの北朝鮮制裁同意を獲得するためにトランプ大統領が狂人理論を駆使したというのだ。

これに先立ち、北朝鮮は2017年11月、大陸間弾道ミサイル「火星15型」を発射し、国連安保理は同年12月に歴代最高強度の北朝鮮制裁決議を満場一致で決議したことがある。

ヘイリー氏は「トランプ大統領の挑発的な発言が多くの批判を受けたが、事実、私にとっては『最大の圧迫』戦略に役立った」と明らかにした。

ヘイリー氏はこの回顧録で「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が家族を含めて自身の政敵を粛清することによって権力を強固にした」とし「金委員長が執権序盤6年間で処刑した数が300人をはるかに越える」とし、北朝鮮の人権実態を暴露したりもした。

また「北朝鮮は体制批判をしたり、禁止された本やメディアを見たりした場合、強制収容所に送って拷問をしたり飢えさせて殺て、また死ぬまで労働させる」とし、収容所では強制堕胎をさせたり、出産した子どもは殺したりすると主張した。

ヘイリー氏は、北朝鮮に抑留されて2017年米国に送還されたが、それから6日後に死亡したオットー・ワームビアさん事件について「トランプ政権になりワームビアさんの帰還を強く要求して実現したものの、ワームビアさんは結局死亡した」と遺憾を表明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP