주요 기사 바로가기

国の借金増加速度に「警告」送った国会予算決算委…「韓国はOECDで6番目」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.11 11:09
0
国の借金がこの18年間に年平均11%ずつ増えたという国会報告書が出された。経済協力開発機構(OECD)加盟国上位20%に属する速いスピードの増加率だ。

10日に出された国会予算決算特別委員会の「首席専門委員来年度予算案と基金運用計画案検討報告書」によると、2001~2018年の韓国の一般政府負債増加率は年平均11.1%だ。同じ期間の韓国の年平均経常成長率5.8%より1.9倍速かった。ここで一般政府負債増加率とは中央政府・地方政府負債に非営利公共機関負債を加えた金額を意味する。通常国同士の比較に使われる基準だ。

報告書はこうした増加率がOECD加盟36カ国のうち6番目だと集計した。韓国より高い国はラトビア(13.4%)、ルクセンブルク(12.8%)、チリ(12.6%)、エストニア(11.3%)、オーストラリア(11.3%)だった。最も低い国はスイスで0.7%だった。デンマーク(0.8%)、スウェーデン(2.2%)、ベルギー(2.8%)、ドイツ(2.8%)なども増加率が低かった。日本は韓国の30%水準である3.2%だった。イタリアとイスラエル(3.2%)と同じだ。

予算案・基金審査を担当する予算決算委が国の債務増加速度を指摘した理由は、政府がただ状況を楽観し拡張財政を継続してはならないという点を指摘するためだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先月22日の来年度予算案施政演説で「来年度の拡張予算は選択ではなく必須。政府予算案通りにしても来年の国内総生産(GDP)比の国の債務比率は40%を超えない。健全性の面で経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最上位」と強調した。

韓国の財政健全性まだ良好な水準と現れた。報告書は2017年決算基準で韓国の国内総生産(GDP)比の一般政府負債比率が40.1%で、全体平均110.5%のOECD加盟国で最も健全なグループに属すると評価した。米国(106.0%)、日本(222.5%)、フランス(123.3%)、ドイツ(72.3%)、スウェーデン(50.3%)など主要国の負債比率は韓国より高かった。国の債務が急速に増加しているが、まだ相対的に余力があると政府・与党が主張する理由だ。

問題は国の支出が急速に拡大しているのに税収はそれほど増えないというところにある。国会が審査中の来年度予算案は513兆5000億ウォンで過去最大規模だ。このため政府は来年の赤字国債発行を60兆2000億ウォンまで増やす方針だ。今年の33兆8000億ウォンの2倍近い規模で、やはり過去最大だ。予算決算委はこの傾向が続けば統合財政収支赤字が来年は国内総生産比1.6%の31兆5000億ウォンから2023年には国内総生産比2.2%の49兆6000億ウォンまで拡大すると予想した。

2019~2023年の年平均総収入増加率やはり3.9%にすぎないだろうと予想する。この期間の年平均総支出増加率6.5%を下回る数値だ。報告書は「こうした格差は2004年に政府が国家財政運用計画策定を始めて以来最高水準。経済が厳しい期間には政府の拡張的財政政策が必要だが、回復後には財政健全性を確保する方向に財政運用が回帰する必要がある」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    国の借金増加速度に「警告」送った国会予算決算委…「韓国はOECDで6番目」

    2019.11.11 11:09
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が22日、国会本会議場で2020年度予算案施政演説をしている。ピョン・ソング記者
    TOP