주요 기사 바로가기

韓日首脳歓談後…韓国国家情報院長「GSOMIAの復旧、排除できない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.05 07:12
0
東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議のため、タイ・バンコクを訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が4日、安倍晋三首相と単独歓談を行った。

両首脳はこの日、ノボテル・バンコク・インパクトで開かれたASEAN+3首脳会議の出席に先立ち、現地時間午前8時35分から11分間対話した。韓日首脳間直接疎通は昨年9月ニューヨーク国連総会で開かれた首脳会談以来13カ月ぶりだ。今年6月、日本大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議開幕式では8秒間握手を交わすことにとどまった。

高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は「両首脳は韓日関係が重要だという意見で一致し、韓日関係の懸案は対話で解決すべきだという原則を再確認した」と明らかにした。文大統領は「その他にも必要ならより高位級の協議をする案も検討してみよう」と提案し、安倍首相も「あらゆる可能な方法を通じて解決案を模索する努力をしよう」と答えた。高報道官は「文大統領と安倍首相は非常に友好的で真摯な雰囲気の中で歓談を続けた」と明らかにした。この日の歓談はASEANの首脳らと歓談した文大統領が遅れて到着した安倍首相に「しばらく座って話を交わそう」と提案して実現した。事前に計画されなかったサプライズ歓談だった。

青瓦台も「あらかじめ協議されたことではなかったため、会談という言葉を使わず歓談と表現した」と明らかにした。文大統領の通訳も英語担当職員が同席し、対話で韓国語と英語、日本語でやり取りされた。両首脳は前日、ガラ晩餐で記念撮影をしながら笑って挨拶を交わしたが、対話はしなかった。

文大統領と安倍首相が略式会談に近い対話を通じて冷え込んだ韓日関係が反転の機会を迎えるか注目される。直ちに韓日関係の改善のバロメーターは今月23日で終了を控えている韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が延長されるかどうかになるものと見られる。韓国は日本の輸出規制措置が先に撤回されるべきだという立場だが、GSOMIAの維持へ方針が決まれば他の協力関係にも肯定的な影響を及ぼすのではないかという見方だ。 韓日首脳歓談後…韓国国家情報院長「GSOMIAの復旧、排除できない」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日首脳歓談後…韓国国家情報院長「GSOMIAの復旧、排除できない」(1)

    2019.11.05 07:12
    뉴스 메뉴 보기
    ASEAN+3(韓日中)首脳会議の参加のためにタイを訪問している文在寅大統領が4日午前、会議が開かれた「ノボテル・バンコク・インパクト」の首脳控え室で安倍首相と対話している。[写真 青瓦台]
    TOP