주요 기사 바로가기

北朝鮮メディア、韓国首相の「天皇即位式」出席に「背信」「恥」「屈従」非難

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.02 12:04
0
北朝鮮メディアが韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相を団長とする祝賀使節団が天皇即位式に出席したことについて「親日積弊闘争に動き出した南朝鮮の民心に逆行する容認できない背信行為」と非難した。

対外宣伝メディア「朝鮮の今日」は2日、社会科学院の研究家の寄稿を掲載し、「これは日帝に対する血のにじむような恨みを晴らせずにいる被害者への耐えがたい冒とく」とし、このように主張した。

特に「南朝鮮当局の醜悪な行為は、『韓日軍事情報包括保護協定』破棄決定を撤回して日本との葛藤解消を要求する米国の圧力に屈服した事大屈従と外勢依存政策の集中的な表現」と強調した。

続いて「日帝に対するわが民族の身に染みた怨恨は、島国の民族がいくら頭を下げて許しを請うても消えない」とし「横暴この上ない倭国民族と関係改善問題を論じること自体が民族の恥」と主張した。

一方、対南宣伝メディア「わが民族同士」は「対決局面に向かわせる軍事的動き」と題した論評で、韓国側の新型中距離ミサイル搬入計画などについて「軍事的対決策動を続けている」とし「南朝鮮軍部の挑発妄動で現北南関係は過去の対決局面に向かっている。朝鮮半島の平和は深刻に侵害されている」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP