주요 기사 바로가기

安倍首相、文大統領の母の死去に弔電…韓日関係と重なって「注目」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.31 06:43
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の母が死去したことを受け、安倍晋三首相が弔電を送ったことが分かった。

30日、複数の与党関係者によると、長嶺安政駐韓日本大使はこの日午後5時30分ごろ、文大統領の母、故・姜韓玉(カン・ハノク)さんの葬儀室を訪れた。

長峰大使は弔問の途中で文大統領に安倍首相の弔電を手渡したことが分かった。これは韓国政府が韓日関係の改善に向けた解決法を模索する時点と重なって注目される。

これに先立ち、李洛淵(イ・ナギョン)首相は24日、日本東京で安倍首相と会談を行って文大統領の親書を伝達した。

これについて康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は30日、国会外交統一委員会全体会議で「文大統領は親書で『首脳間対話はいつも開かれているという立場と厳しい懸案が克服されて韓日首脳が会えれば良いだろう』という希望を示したと承知している」と明らかにした。

また、文大統領は14日、日本の台風19号による被害に対してお見舞いのメッセージを送って哀悼の意を伝えたことがある。これを受け、安倍首相は23日、外交ルートを通じて「文大統領のお見舞いが大きな力になるだろう」という内容の返答を韓国政府に送ったこともある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP