주요 기사 바로가기

韓国産コメ5万トン援助…コンゴ難民「料理が簡単で甘いです」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.21 14:06
0
先月下旬、アフリカ・ウガンダ西部のスウェウェ村。未舗装道路でホコリを起こしながら国連難民機構(UNHCR)のバス5台が入ってきた。国連世界食糧計画(WFP)の現場職員であるパトリック・オボンギさんは「60キロメートルぐらい離れた民主コンゴ共和国(DRC)から国境を越えてきた難民」と話した。UNHCRによると、人口9200万人のDRCは内乱・治安不安・経済難・エボラなどで今まで450万人の難民が発生した。人口4150万のウガンダは西部はDRC、北部は故イ・テソク神父が活動していた南スーダン、南部はルワンダ・ブルンジで集まった合わせて133万人の難民を抱えている。

難民バスが向かったスウェウェ受付センターについて行ってみた。センター職員のサンドラ・ナンクングさんは「難民はこちらで1~2週間滞在しながらエボラ・エイズ・コレラ・マラリアの確認など健康検診を受け、指紋・虹彩など生体情報を登録した後、食糧配給カードを受ける」として「定着教育まで終えると難民定着村に行って現地住民たちと一緒に暮らすことにんある」と紹介した。

昼休みになると難民たちが器を持って列をなした。センターは彼らにカマで薪で炊いた白いコメのご飯と豆を給食した。センター職員のペース・アチームさんは「韓国産コメ」と言った。

WFP韓国事務所のソン・グァンギュは広報官は「農林畜産食品部が今年WFPを通じて緊急救護必要国家であるウガンダ・エチオピア・イエメン・ケニア4カ国に送った米5万トンの一部」と紹介した。政府が2017年2月食糧援助協約(FAC)に加盟し、昨年2月WFPと毎年最小460億ウォンを投じて韓国産コメ約5万トンを供与するように合意した後支援した物量だ。

近隣WFP倉庫に行ったところ、韓国産コメが米国が供与したトウモロコシ粉、英国が支援した塩と並んで積まれていた。援助を受けていた韓国が援助する国になったことを見せる現場だった。

韓国産コメをコンゴ難民に配給する近隣キヤカⅡの定着村を訪れた。農民出身難民であるジャクリーン・コブワさんは「コメを送ってくれた韓国に感謝している」とし、「甘くて料理が簡単で韓国産コメが気に入った」と話した。主婦難民であるジナ・マツマイナさんは「干したトウモロコシは精米所に持って行ってお金を払って粉にするが、韓国産コメはすぐにご飯を炊くことができて便利だ」と話した。通訳を担当したNGOワールドビジョンのボランティア、トング・メボさんは「体が不自由な難民が口に合う韓国産コメを食べながら安定を取り戻している」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP