주요 기사 바로가기

悪質な書き込みに苦しめられてきた女優ソルリさん、遺体で発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.15 06:53
0
歌手兼女優のソルリさん(実名、チェ・ジンリ、25)が14日、自宅で遺体で発見された。家の中ではソルリさんの心境を書き込んだメモが発見されたと伝えられた。

14日、京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)寿井(スジョン)警察署によると、この日午後3時21分ごろ城南市寿井区(スジョンク)のある住宅2階でソルリさんが亡くなっているのをマネジャー(24)が発見して警察に通報した。ソルリさんのマネジャーは「前日通話してから連絡が取れず家に訪ねて行ったところ、ソルリが亡くなっていた」と警察に話した。

警察は他の犯罪の疑惑点が発見されない点などから見てソルリさんがマネジャーと通話をした後、極端な選択をしたと見ている。家の中では遺書と見られるソルリさんが自身の心境を書き込んだメモ帳などが発見されたという。ダイアリーに日記を書くように色々な心境を書いたと伝えられた。遺書と見られるメモは一番最後のページから発見され、日付は書かれていなかったと伝えられた。

警察はソルリさんが普段からうつ病の症状を見せたかなども調査している。警察関係者は「自ら極端な選択をしたと見られるが、すべての可能性を開けて死亡原因などを捜査する予定」と話した。警察は正確な死因を把握するために遺体を解剖検査する予定だ。

ソルリさんはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でファンたちと疎通するインフルアンサーだった。下着の着用などで論議を呼ぶと「ブラジャーは健康にも良くなく、アクセサリーであるだけ」としながら「女性のノーブラ権利」を主張して社会的関心を集めた。だが、絶えず悪質な書き込みに苦しめられてきた。2016年11月には手首をけがして病院の治療を受けたが、当時も極端な選択を試みたというデマが出回ったりもした。ソルリさんはJTBC2バラエティ番組『悪質な書き込みの夜』でも「実際に人間チェ・ジンリの中身は暗いが、芸能人のソルリとして表では明るいふりをしなければならない時が多い」としながら「私が人々に嘘をついているのではないかアドバイスを求めた。人間であれば誰でも暗い部分があるが、表面では違うふりをするだけ」と話したこともある。

ソルリさんの所属事務所であるSMエンターテインメントはこの日、公式報道資料を通じて「今の状況があまりにも信じられず悲痛であるだけ」としながら「突然の急報で悲しみに陥った遺族の方々のためにデマの流布や推測性記事は自制するよう丁寧にお願いする」と明らかにした。

一方、2005年SBSドラマ『薯童謠(ソドンヨ)』の子役女優としてデビューしたソルリさんは2009年F(X)で活動して名を知らせた。SBSドラマ『花ざかりの君たちへ』、映画『海賊:海に行った山賊』『ファッション王』『REAL リアル』などに出演して女優として地歩を固めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    悪質な書き込みに苦しめられてきた女優ソルリさん、遺体で発見

    2019.10.15 06:53
    뉴스 메뉴 보기
    歌手兼女優のソルリさん
    TOP