주요 기사 바로가기

誰が女優ソルリに「視線強姦」という言葉を教えたか

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.05.23 07:39
0
注目される行動を見つめれば「視線強姦」と不愉快に思う態度、正しいだろうか。

おかしな行動をしてきたグループf(x)出身の女優ソルリが今度も俎上にのせられるような態度で論議を呼んでいる。

ソルリは22日、自身のSNSに「そのどこかで」という短いコメントとともに映像を公開した。ソルリがピンク色の袖なしTシャツ姿で街を歩いている姿が映られている。映像の中でソルリは風にひるがえる髪の毛を整理した後、手に握っていた黒色の帽子をかぶった。特に、ソルリは体に密着した服を着て下着を着ていないことが見えたが、これを意に介さないように明るい笑顔を浮かべた。

これに先立ち、ソルリは下着を着ないということで論議の中心に立っていた。その間、SNSに近況を伝えて数回ノーブラジャー状態で撮影した写真を公開した。そうするうちに先月、インスタグラムのライブ放送であるネットユーザーが下着を着ないことを指摘すると「私を心配しているのか。心配しなくても良い。視線強姦する人がさらに嫌いだ」と話した。ここで言う「視線強姦」とは、怪しい視線で相手に羞恥心を感じさせるというインターネット用語だ。

ソルリの身なりを道を通っていた人が見る場合、視線が留まるしかないという反応が支配的だ。まず、ソルリが可愛いために一度見るしかなく、普遍的でない姿のためにもう一度視線が留まるということ。実際に、あのような服装で性別を問わず誰かが歩いているといえば目を向けないのが常識的に不可能だ。ソルリが口にした「視線強姦」は本人の状況に適していない言葉だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    誰が女優ソルリに「視線強姦」という言葉を教えたか

    2019.05.23 07:39
    뉴스 메뉴 보기
    女優ソルリ
    TOP