주요 기사 바로가기

「世界自動車部品メーカー」トップ100に米国・ドイツ・日本が65社…韓国は6社で中国におされる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.03 07:48
0
「世界自動車部品メーカー」トップ100(売上額基準)の65%を米国とドイツ、日本企業が掌握していることが明らかになった。2011年に初めて世界トップ100部品メーカーを輩出した中国は毎年その順位を引き上げながら成長していることが分かった。

2日、韓国自動車産業協会(KAMA)によると、世界トップ100の自動車部品メーカーのうち米国が23社で最も多かった。

米国自動車部品メーカーはリア(8位)やアディエント(13位)などがランクインし、昨年より4社増えた。

ドイツはボッシュ(1位)やコンチネンタル(5位)などが順位を維持して昨年と同じく19社が100位内に入った。日本は前年比4社減となったが、デンソー(2位)やアイシン(6位)などが上位圏を維持した。

韓国勢は現代モービス(7位)が昨年と同じ順位を記録したがトップ100には前年比1社減の6社が入った。中国は昨年7社が100位圏に進入し、韓国を抜いて国別メーカー数で4位に浮上した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「世界自動車部品メーカー」トップ100に米国・ドイツ・日本が65社…韓国は6社で中国におされる

    2019.10.03 07:48
    뉴스 메뉴 보기
    コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2019でドイツ自動車部品メーカー「ボッシュ」が公開した自動運転電気シャトルバス。ボッシュは9年連続で自動車部品メーカー世界1位(売上額基準)を記録した。[写真 ボッシュ]
    TOP