주요 기사 바로가기

「リアルドール」輸入認めた大法院判決を糾弾=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.29 13:16
0
成人用品である「リアルドール」の輸入を許容した裁判所の判決を糾弾するデモが週末の28日、ソウルの清渓(チョンゲ)広場で開かれた。

ダウムカフェ「リアルドール輸入許容判決糾弾デモ」を主軸に集まった女性200人は帽子とマスク、サングラスなどで顔を隠してデモに参加した。

参加者らは「リアルドールの輸入と販売を禁止してほしいという青瓦台(チョンワデ、大統領府)への請願に26万人以上が同意したが、韓国政府は遺憾表明すらない原則的な回答だけ出した。この国で女性は国民なのか」と批判した。

参加者らはリアルドール輸入を許容した大法院(最高裁)判決を糾弾し、「リアルドールは女性の身体を男性の性欲と支配欲を解消するための手段として消費する性搾取文化の一面」と主張した。

また、主に女性をモデルに製作されるリアルドールをミラーリングする意味で男性マネキンをリアルドールにたとえたパフォーマンスをすることもした。

その上で参加者らは「リアルドールが女性の人間尊厳性を傷つける」としながら韓国政府がリアルドール全面禁止に出なければならないと促した。

これに先立ち6月に大法院はリアルドール輸入会社が税関を相手取り起こした輸入通関保留処分取り消し訴訟で原告勝訴の判決を下した原審判決を確定した。

その後青瓦台はリアルドールの輸入と販売を禁止してほしいという内容の国民請願に対し、9月に関連規制と処罰をさらに厳格にするという立場を明らかにした。7月8日に上げられたこの請願は1カ月間で26万3000人が賛同した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP