주요 기사 바로가기

ダイソー、釜山に2兆ウォン規模輸出入ハブ建設

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.26 14:33
0
均一価格生活用品店のアソンダイソーが釜山(プサン)西部に最先端統合物流センターを建設し、本格的に稼働に入った。

ダイソーは25日、釜山江西区米音洞(ミウムドン)国際産業物流都市でスマート統合物流センター「釜山ハブセンター」のオープン行事を開いた。釜山ハブセンターには約2500億ウォン(約224億円)の資金が投入され、約2年間にわたる工事の末、延べ面積14万平方メートル(4万3000坪)の地上5階・地下1階規模で完工した。

釜山ハブセンターは金海(キムヘ)空港、鉄道および外郭循環道路など物流インフラがよく整った最適な場所に建設され、嶺南(ヨンナム)湖南(ヨンホナム)圏と中部圏地域の店舗に円滑な商品供給が可能になる見込みだ。また、商品保管物量も2倍以上に増え、戦略商品備蓄拡大および大量購買を通じた価格競争力向上効果も期待できるようになった。

物流量処理能力が拡大し、世界36カ国・約3600カ所の取引先からの輸入品を各店舗に供給する期間が現在の4週から2週に短縮されるからだ。ダイソーは釜山ハブセンターを通じて海外輸出入規模を2018年基準の7200億ウォンから2025年には約2兆ウォンに増やす計画だ。

アソンダイソーの朴正夫(パク・ジョンブ)会長は対日・対中輸出前進基地を念頭に置いて釜山ハブセンターへの投資を決めたという。ダイソーは毎年1300億ウォン規模の商品を日本に輸出している。過去30年間の対日累積輸出額は3兆ウォンにのぼる。また中国にHASCOという名前で進出した約200店舗の商品供給対応力も強化できるようになった。朴会長は「今後、釜山地域の経済の一員として地域経済の発展はもちろん、雇用創出、輸出入増大、協力会社との共生協力などに寄与できるよう努力したい」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ダイソー、釜山に2兆ウォン規模輸出入ハブ建設

    2019.09.26 14:33
    뉴스 메뉴 보기
    25日、アソンダイソー釜山ハブセンターオープン行事で参加者が最先端システムを視察している。左から金在哲(キム・ジェチョル)東遠グループ名誉会長、朴正夫(パク・ジョンブ)アソンダイソー会長、韓悳洙(ハン・ドクス)元首相。[写真 アソンダイソー]
    TOP