주요 기사 바로가기

文大統領、釜馬民主抗争の国家記念日指定に「とても意味深い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.18 12:02
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が10・16釜馬民主抗争が国家記念日に指定されたことについて「国民の力で維新独裁を押し倒した偉大な歴史をついにともにたたえることができるようになり、とても意味深い」と述べた。

文大統領は行政安全部が釜馬民主抗争の発生日を国家記念日に指定した17日、SNSにこのような感想を載せた。

文大統領はこの日、ツイッターに掲載した文章で「国民が歩んできた民主主義の道をたたえ、国民がたてた民主共和国の道しるべを正しく記念するのは政府が当然すべき責務」と説明した。

また「昨年には2・28大邱(テグ)民主運動と3・8大田(テジョン)民主義挙を国家記念日に指定した」として「今日で大韓民国の民主主義の礎石である4・19革命、5・18光州(クァンジュ)民主化運動、6・10民主抗争、そして釜馬民主抗争のすべてが国家記念日になった」と話した。

文大統領は「韓国政府は40年前、民主主義に向かった釜山(プサン)・昌原(チャンウォン)、慶南(キョンナム)の叫び声が国民皆の胸に生々しい響きとしてよみがえれるように取り組みたい」として「釜馬民主抗争の国家記念日指定が国民主権の歴史をより一層強くし、より良い民主主義に向かった国民のたゆまない旅程に力になってほしい」と付け加えた。

釜馬民主抗争は朴正煕(パク・チョンヒ)政権の維新独裁体制に抵抗して1979年10月16日から5日間釜山と馬山で起きた民主化運動だ。

行政安全部は「釜馬民主抗争の歴史的な価値と意味を再照明し、その精神を記念するために最初発生日である10月16日を国家記念日に指定することになった」と明らかにした。

これに伴い、10・16民主抗争記念日は51回目の国家記念日になった。釜馬民主抗争記念日が国家記念日になり、40周年を迎えた今年から政府主管で記念行事を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、釜馬民主抗争の国家記念日指定に「とても意味深い」

    2019.09.18 12:02
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が17日午後、ソウル東大門区(トンデムング)コンテンツ人材キャンパスで開かれたコンテンツ産業3大革新戦略発表会で発表をしている。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP