주요 기사 바로가기

韓国外交部「サウジ原油施設攻撃に懸念…いかなる類似行為も糾弾」

ⓒ 中央日報日本語版2019.09.16 11:33
0
韓国外交部は16日、報道官の論評で、サウジアラビア国営石油会社アラムコの原油施設に対するドローン攻撃に関し「国際的な主要エネルギーインフラ施設に対する深刻な脅威であり、全世界のエネルギー安全保障および域内の安定を阻害することに懸念を表明し、いかなる類似攻撃行為も糾弾する」と明らかにした。続いて「ドローン攻撃に対するサウジアラビア政府およびアラムコ側の発表に注目する」と明らかにした。

これに先立ちサウジアラビア内務省は14日午前4時ごろ(現地時間)、数機のドローンがアラムコの主要施設を攻撃し、大火災が発生したと明らかにした。サウジ東部海岸付近のアブカイクとクライスにある施設の2カ所だ。

AFP通信は、今回の攻撃による人命被害はなかったが石油施設2カ所の稼働が一時的に中断した、と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP