주요 기사 바로가기

中国産キムチの襲撃に「ダイコン・ハクサイ栽培しても残るのは借金だけ」=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.10 11:28
0
◆農家に残金払えず生活苦

韓国農業流通法人の中央連合会によると、今年に入って産地流通人5人がダイコン・ハクサイ価格の下落で負債に苦しみ、命を絶った。「産地流通人」とは他人の土地を借りてハクサイやダイコンを栽培して販売したり、農民が栽培した農産物を買い取って市場に供給する人をいう。

7月29日、農業流通法人を40年間経営してきたシンさん(66)が忠清北道農産物卸売市場の自分の事務室で自殺した。シンさんは8月中旬出荷予定の高冷地ダイコン・ハクサイ17万9000平方メートルを買収し、契約金として約3億ウォンを農家に支払った。しかしダイコン・ハクサイ価格の暴落で残金を支払えなくなり、極端な選択をした。高冷地ダイコン・ハクサイの栽培と共に産地流通人の仕事をしてきたキムさん(62)も6月20日、江原道旌善(チョンソン)の事務室で命を絶った。キムさんは旌善と寧越(ヨンウォル)・太白(テベク)・平昌(ピョンチャン)などで33万平方メートル以上の畑でダイコンやハクサイを栽培し、流通させてきた。キムさんの弟(56)は「(兄は)3年ほど前から大きな損失を出し始め、負債は10億ウォン近いと聞いていた」とし「頑張って農作業をしても稼げず、生活も苦しくなり、どうすることもできなかったのだろう」と語った。

専門家は産地流通人の極端な選択が続く原因を劣悪な生産条件のためとみている。キムチの主な材料となる高冷地ハクサイ・ダイコンの栽培は海抜600-1000メートル以上の産地の斜面で行われる。60-70代の高齢の農家が種まきから出荷まですべての過程に対応するのは難しい。こうした理由から産地流通人と取引をすれば、農家は種まきまで終えた後、肥料、農薬、運搬などの生産コストはすべて産地流通人に任せる。韓国農村経済研究院の「2018年農業観測本部標本農家調査」によると、高冷地ダイコン・ハクサイ農家のうち69.8%が産地流通人と契約栽培をしたことが分かった。

◆「産地流通人の収益環境が消える」

産地流通人は自らが知る流通網を通じて収穫、販売をする。しかし中国産キムチの大量輸入のため産地流通人が収益を出せる環境が消えたというのが業界関係者の説明だ。大韓民国キムチ協会のパク・ユンシク専務は「輸入キムチのために農作業をうまくしても廃棄しなければいけない状況が生じている」とし「あまりにも大量に入っていて、産業自体がなくなるのが残念だ」と指摘した。

韓国農村経済研究院のチェ・ビョンオク研究委員は「個人的な点組織を中心に野菜を栽培する産地流通人も、政府や農協との契約栽培を通じて農産物価格の安全網に入ってこそこうした被害を防ぐことができる」とし「規模・組織化した産地流通人を活用すれば、政府の立場でも野菜類需給安定事業で効果を得ることができる」と説明した。
中国産キムチの襲撃に「ダイコン・ハクサイ栽培しても残るのは借金だけ」=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP