주요 기사 바로가기

脱日本が目の前に…半導体素材の韓国内生産の道が初めて開けた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.06 11:48
0
日本が輸出を規制した半導体素材を韓国で生産できる道が初めて開けた。日本が輸出規制の対象に指定した半導体素材を生産する企業が京畿道華城市楊甘面(キョンギド・ファソンシ・ヤンガムミョン)につくる「華城トンジン一般産業団地計画」が5日、京畿道の審議を条件付きで通過した。京畿道は「京畿道地方産業団地計画審議委員会」を開いて地域住民の共生協力案と駐車場計画の補完などの条件を付け、華城東進一般産業団地計画を審議議決したと明らかにした。

㈱東進(トンジン)セミコンは半導体素材であるフォトレジスト生産施設を拡充するために18万平方メートル規模の産業団地をつくる産業団地計画の承認を要請した。この会社は日本の寡占生産品目で輸出規制核心素材である「EUVフォトレジスト」の来年にも韓国最初の生産のために産業団地造成を推進している。

京畿道は日本の輸出規制で半導体産業が危機を体験すると関連企業の円滑な生産活動を支援するために予定にはなかった審議委員会を開いて東進産業団地計画を審議、議決した。京畿道は審議結果を華城市に通知して条件付きの意見を反映した最終産業団地計画を承認するよう定める方針だ。

京畿道のオ・フソク経済室長は「積極的な企業活動支援という政策基調により、産業団地の計画審議を迅速に開催した」として「華城市の迅速な産業団地計画の承認を通じて半導体素材・部品産業の国産化に寄与するよう願う」と話した。

李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事は7月12日「半導体産業グローバル競争力強化」のための方法を探るために東進セミコンの発安(バルアン)工場で開かれた共に民主党の現場最高委員会で「健全な企業活動を最大限支援する」として迅速な産業団地計画審議会の開催などの行政支援を約束したことがある。

京畿道はこれに先立ち、2回にわたる再審議の過程で主に指摘された総合的な団地計画の不十分、基盤施設の不足、公共寄与案の提示などが十分に補完されるよう華城市と数回にわたって実務協議と事前コンサルティングを進めるなど、産業団地としての形式を整えるために積極的な行政支援を行った。それだけでなく産業団地として要求される道路・公園などのインフラと産業団地内従事者のための便宜施設の確保はもちろん、セキュリティーのための最小区域を除いた空間を住民に開放して地域にやさしい産業団地として生まれ変わるように誘導した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    脱日本が目の前に…半導体素材の韓国内生産の道が初めて開けた

    2019.09.06 11:48
    뉴스 메뉴 보기
    華城東進一般産業団地の鳥瞰図。[写真 京畿道]
    TOP