주요 기사 바로가기

韓国与党、「戦争で独島取り返さねば」日本の妄言に「見過ごせない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.02 09:32
0
与党「共に民主党」は1日、「竹島(日本が主張する独島の名称)も戦争で取り返すしかないんじゃないですか」という日本の国会議員の妄言に対して「見過ごすことはできない発言」と批判した。

民主党のパク・チャンデ院内報道官はこの日論評を通じ、「自由貿易体制の根幹を揺さぶる日本の奇襲的経済戦争宣言に続き出てきた妄言」としながらこのように指摘した。

パク院内報道官は自由韓国党に向けては「わが政府に対しては暴言とフェイクニュースまで動員して激しく攻撃し、日本に対してはなぜそんなに寛大なのか尋ねたい。自由韓国党が韓国の政党なのか国民は紛らわしいほどだ」と話した。

民主平和党のイ・スンハン報道官は論評で「太平洋戦争を起こした張本人が痛烈な反省どころか再び韓国を相手に戦争挑発を云々したことは百回譲歩してもおかしなこと」としながら「こうした妄言者をそのままにして世界和合と平和を土台にした五輪開催する資格が日本にあるのか問いたい」と明らかにした。

民主党の薛勲(ソル・フン)最高委員と禹元植(ウ・ウォンシク)、朴賛大(パク・チャンデ)、李竜得(イ・ヨンドゥク)議員、無所属の孫今柱(ソン・グムジュ)、李勇周(イ・ヨンジュ)議員の国会議員6人は先月31日に独島を訪問し日本の輸出規制措置を糾弾した。

これと関連して「NHKから国民を守る党」所属の丸山穂高衆議院議員は自身のツイッターに「戦争で取り返すしかないんじゃないですか」とツイッターに投稿した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP