주요 기사 바로가기

半導体・ディスプレー素材、韓日格差の理由あった…日本、韓国より研究開発費用41倍多い

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.26 08:31
0
日本の経済報復が集中した半導体・ディスプレー核心部品と素材企業の研究開発支出額が日本企業の40分の1水準だと調査された。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院は25日、韓国の部品・素材企業2787社と日本の部品素材企業7330社の1万117社を分析した結果を公開した。

半導体・ディスプレー科学素材企業分析した結果、日本の半導体・ディスプレー科学素材企業の平均研究開発支出額は韓国企業より40.9倍高かった。平均研究開発支出だけでなく平均売り上げが17.9倍、平均当期純利益が23.3倍、平均資産が20.5倍など、主要財務項目も大きな格差を示した。韓国経済研究院関係者は「化合物と化学製品、1次金属製品、精密機器部品など、核心部品素材部門でも韓国企業の平均研究開発支出額は日本企業より少なかった」と説明した。

主要品目別に見ると、素材部門では繊維、化学製品、ゴムとプラスチック、非金属鉱物、1次金属の5品目のうち3品目で韓国企業より高かった。部品部門では金属、一般機械、電機装備、電子、精密機器、輸送機械の6品目のうち3品目では韓国企業が上回った。金属加工、一般機械、電子部品だ。

電子部品の場合、韓国企業の平均研究開発支出額は日本企業の8.2倍に達した。このうちサムスン電子とSKハイニックスの研究開発支出額は韓国の電子部品業種全体の支出額の96.7%を占める。精密機器部品は日本企業の平均研究開発支出額が韓国企業より7倍、輸送機械部品は2.3倍、電機装備部品は2倍大きかった。

半導体研究開発の割合は大きかった。半導体を除く場合、部品部門で日本企業の平均研究開発支出が韓国企業より1.6倍多いことがわかった。半導体を含む場合、日本の電子部品企業の研究開発支出は韓国企業より低かったが、半導体を除くと日本の研究開発支出が3.7倍高い状態に変わった。

韓国経済研究院のユ・ファンイク革新成長室長は「韓国の部品素材産業は半導体への偏りが激しいと調査され、化学や精密部品など他の核心素材・部品は進む道が遠いことがわかった。韓国に不足する核心部品素材研究開発に対する粘り強い支援と、化学物質の登録および評価などに関する法律など化学物質関連規制と労働関連規制の改善が必要だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    半導体・ディスプレー素材、韓日格差の理由あった…日本、韓国より研究開発費用41倍多い

    2019.08.26 08:31
    뉴스 메뉴 보기
    量子保安を利用した半導体生産試演過程[中央フォト]
    TOP