주요 기사 바로가기

韓英がFTAに署名…ブレグジット対応シナリオ3件用意

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.23 08:44
0
産業通商資源部は22日(現地時間)、兪明希(ユ・ミョンヒ)産業部通商交渉本部長とエリザベス・トラス英国際貿易相が韓英自由貿易協定(FTA)協定文に正式署名したと明らかにした。10月31日に英国が合意なく欧州連合(EU)から離脱する「ノーディールブレグジット」が現実化する可能性が高まったことに対応する措置だ。2011年7月から発効中の韓・EU間FTAをブレグジット以降にも韓英間の貿易にそのまま適用するというのが核心だ。

現在、韓国はEUとFTAを締結していて、英国がEUから離脱する場合、自動車10%、自動車部品3.8-4.5%など平均4.73%の関税が生じる。しかし今回の協定で、韓国は輸出工業製品全体と農産物の98.1%に対して無関税の特恵がそのまま維持されることになった。

原産地の場合、韓国側がEU産材料を使用して生産した製品も3年間は英国で生産したのと同じ域内産と認定することにした。また、EUを経由して英国に運送した製品も第3国での追加の加工や変形がない「直接運送」と認め、FTAが適用されることにした。

従来のEUで認めた地理的表示をそのまま継承する知的財産権の規定も維持される。韓国産の農産物・酒類(宝城緑茶、利川米、高麗人参など)64品目、英国側の2品目(スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー)が適用され、両国が持続的に相互保護することで合意した。

農業分野では国内の需要より生産が不足する麦芽と補助飼料を輸入する場合、関税率割当(TRQ)を超過する数量は高関税を賦課し、国内の農家を保護することにした。

両国はFTAのほか3件の追加書簡に署名した。ここには協力潜在力が高い5大分野(産業革新技術、中小企業、エネルギー、農業、自動車)に対して両国間の協力を強化するという内容が含まれた。また、英国が独自に世界貿易機関(WTO)政府調達協定に加入するのを韓国政府が支援する内容も盛り込まれている。これが実現する場合、当初EUが韓国に開放しなかった高速鉄道分野を英国は法的に韓国に開放する案を検討することで合意した。

しかしブレグジットが今後どのような方式で展開するかは不透明であり、韓国政府はブレグジットのシナリオ3件を用意し、状況に合わせて柔軟に協定を適用する計画だ。

10月末に英国がノーディールブレグジットを強行する「シナリオ1」の場合、政府は今回署名したFTA1.0を直ちに発効する方針だ。発効から2年となる2021年10月31日以前に今回の協定をアップグレードして「FTA2.0」を出すという根拠条項も用意した。

英国がEUとの合意でディールブレグジットをする「シナリオ2」については、2020年12月31日までのブレグジット履行期間は韓・EU間FTAをそのまま適用することにした。その代わり該当期間内にFTA2.0を出し、その後はこれを適用する案にも合意した。

英国がブレグジット期間を10月末以降に数カ月間再延長(シナリオ3)する場合、新しく指定されたブレグジット時点まで韓・EU間FTAを適用し、その後はFTA1.0を発効する計画を立てた。ヨ・ハング産業部通商交渉室長は「英国はEUで2番目に大きい韓国の貿易相手国」とし「韓国企業が英国で安定的で事業をできるよう連続性を確保したという側面で意味がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓英がFTAに署名…ブレグジット対応シナリオ3件用意

    2019.08.23 08:44
    뉴스 메뉴 보기
    兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長(右)とエリザベス・トラス英国際貿易相が22日午前、英ロンドン外務省会議室で韓英自由貿易協定に正式署名した。[写真 産業通商資源部]
    TOP