주요 기사 바로가기

「北朝鮮の核施設から出た放射能汚染物質、黄海流入の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.21 13:23
0
北朝鮮のウラン工場から出た放射性廃棄物が西海(ソヘ)に流入する可能性があるという主張が米国から出た。

米ラジオ・フリー・アジア(RFA)は最近、米国・北朝鮮のアナリストであるジェイコブ・ボーグル氏が「人工衛星写真の分析結果、北朝鮮の黄海北道平山(ファンヘブクド・ピョンサン)の河原から出た黒い物質はウラン工場の廃棄物」とし「放射能汚染の可能性が高い」と主張したと報じた。

平山ウラン工場はドナルド・トランプ米大統領が2月にベトナムで金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に会った際に言及した北朝鮮の5大主要核施設の1つだ。

ボーグル氏は放送で「礼成江(イェソンガン)支流の上流にはウラン鉱山や工場が、下流には排水や廃棄物を集めておく貯水池がある」とし「工場から貯水池までは廃棄物を運搬するパイプがあり、そのパイプの両側が漏れている」と述べた。パイプから流れ出た廃棄物が貯水池ではなく礼成江支流に流入し、最終的に黄海を汚染させるという主張だ。

また、同放送では、これに対して原子力専門家であるチェ・ハングォン博士は「平山工場が鉱石からウランを抽出する精錬だけする場所ならば心配しなくても良い」としつつも「しかし、濃縮分離などの過程で出てきた廃棄物であれば、環境汚染の問題が発生する」と説明したと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP