주요 기사 바로가기

日本、フォトレジスト2次輸出許可…サムスンの注文には引き続き許可

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.20 07:29
0
日本政府が韓国輸出規制対象品目に指定した半導体・ディスプレー3大核心素材のうちフォトレジスト(PR)の輸出を許可したことが確認された。

19日、産業通商資源部や業界などによると、日本政府はサムスン電子から最近注文を受けた自国のフォトレジスト生産業者の輸出許可申請を再び許可した。

該当物量は約6カ月分で、今月7日許可を受けた3カ月分を合わせれば、サムスン電子は合計9カ月分を確保することになった。

許可品目であるフォトレジストは半導体生産ラインの極端紫外線(EUV)工程に使用され、高純度フッ化水素(エッチングガス)などとは違い、軍事専用の可能性がほぼないため輸出規制の名分が落ちるという指摘を受けてきた。

業界では今回の輸出許可を日本の「ペース調節」または「軟化ジェスチャー」とみているが、不確実性の解消とみるのは難しいという見解もある。また、21日に中国北京で予定されている韓日外相会談などの名分を作るためのものだという解釈もある。

業界関係者は「日本が正常な輸出許可が進められているという点を主張するために『名分作り』をしているものとみられる」としながら「とにかく輸出許可が相次いで下されたことは良い便りだが、エッチングガスなどの輸出許可は1件もなく、懸念は相変わらず残る」と明らかにした。

サムスン電子はこれに対して公式的な確認をしていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本、フォトレジスト2次輸出許可…サムスンの注文には引き続き許可

    2019.08.20 07:29
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が現場経営を行った今月6日、サムスン電子天安(チョナン)事業場を訪問し、事業場内の半導体パッケージングラインを見学している。[写真 サムスン電子]
    TOP