주요 기사 바로가기

韓国与野党「金大中大統領の知恵で韓日葛藤を解決しよう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.19 08:01
0
金大中(キム・デジュン)元大統領逝去10周忌の18日、政界は一斉に「金大中元大統領の知恵で韓日葛藤を解決しよう」と主張した。日本の「痛切な反省とお詫び」を明文化しながらも未来志向的な関係を築いていくことにした1998年の金大中-小渕宣言の意味を再確認しながらだ。

文喜相(ムン・ヒサン)国会議長はこの日、ソウル銅雀区(トンジャクク)ソウル顕忠院で行われた追悼式で「金大中大統領は1998年の金大中-小渕宣言当時、日本の議会で『両国が過去を直視しながら未来志向的な関係を築かなければいけない時』と力説した。韓日両国の過去・現在・未来を見通した驚くべき洞察力と鋭い慧眼」と述べた。続いて「いま両国関係は大きな壁にぶつかってしまったが、明らかな点は大韓民国の国力は強く国民の底力はさらに強いということ」とし「わが国民は能動的に堂々とこの困難を乗り越えていくだろう」と語った。

李洛淵(イ・ナギョン)首相は「金大中大統領は韓米同盟を中心に置いて、隣国との友好・協力推進を強調した」としながらも「我々も過去の我々ではなく、隣国も過去の彼らでない。我々はさらに深い知恵が要求されている」と述べた。当時よりも現在の状況がさらに複雑に展開しているという意味と読み取ることができる。

与党からは「文書(金大中・小渕宣言)を破ってしまったのは安倍だ。反省と姿勢の転換がなければ金大中-小渕時代の復元は難しい。政府は今のようにうまく対処していくべきだ」(金漢正共に民主党議員、金大中政権の元青瓦台第一付属室長)という声も出ている。

野党も金大中元大統領の知恵が必要な時だと口をそろえたが、その中には現政権に対する批判も込められている。黄教安(ファン・ギョアン)自由韓国党代表は「金大中大統領は就任初年度の1998年10月に日本を訪問し、21世紀の韓日共同パートナーシップ(金大中-小渕宣言)を構築した」とし「果敢に韓日大衆文化交流と開放を決め、今日の韓流の起源を開いた」と述べた。黄代表は「金大中大統領が政府の外交力の重要性を強調した言葉もある」とし「韓国のように4大強国に囲まれた国は地球上にないため、わが国は世界で最も外交が必要だ。国内政治は失敗しても外交の失敗は取り返しがつかない」と強調した。

孫鶴圭(ソン・ハッキュ)正しい未来党代表は「金大中大統領の国会重視、野党との協治の精神が今日の危機を克服する原動力になることを望む」と話した。

鄭東泳(チョン・ドンヨン)民主平和党代表は「韓日関係は最悪」とし「金大中大統領時代が韓日関係の最盛期だった」と振り返った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与野党「金大中大統領の知恵で韓日葛藤を解決しよう」

    2019.08.19 08:01
    뉴스 메뉴 보기
    金大中元大統領の逝去10周忌追悼式が18日午前、国立ソウル顕忠院で開かれた。この日の追悼式で文喜相国会議長、李洛淵首相、李海チャン共に民主党代表、黄教安自由韓国党代表、孫鶴圭正しい未来党代表、鄭東泳民主平和党代表(前列左から)と出席者が国民儀礼をしている。
    TOP