주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>「北政権、核兵器を使用すれば人類の歴史から消滅」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.16 14:09
0
2010年の冬、韓国軍の士気は深刻だった。同年3月、西海(ソヘ、黄海)ペクリョン島沖で北朝鮮の潜水艇が発射した魚雷で韓国哨戒艦「天安」が沈没し、11月には北朝鮮軍の砲撃で延坪島(ヨンピョンド)が火の海に変わった。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の登場を控えての挑発だった。「天安」爆沈で海軍の将兵46人が戦死した。延坪島砲撃では海兵隊兵士2人と民間人2人が死亡した。しかし韓国軍はまともに対応できず国民の批判を受け、信頼は大きく落ちた。今が似た雰囲気だ。実際、北朝鮮の核の脅威はさらに増して深刻だ。

2010年末、国防部と合同参謀本部は低下した士気を回復させるために知恵を集めた。同年12月に任命された金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官は北朝鮮に対する警告レベルで延坪島射撃訓練計画を立てた。北朝鮮が敏感に反応する西海の北方限界線(NLL)近隣の海域が射撃地点だった。すると北朝鮮は「韓国軍が延坪島で野砲射撃訓練をすればまた砲撃する」と脅迫した。退けない国防部は強力な作戦指針を決めた。北朝鮮軍がまた挑発すれば▼挑発原点▼支援勢力▼指揮勢力まで順に打撃するという内容だ。したがって南北がその通りに応戦すればあっという間に戦争になるところだった。延坪島とペクリョン島など西海の島嶼と北朝鮮黄海道(ファンヘド)が戦場になり、北朝鮮の砲弾とミサイルがソウルに飛んでくることも考えられた。

軍首脳部は悩んだ。しかし戦闘が発生しても勝利すると確信した。事態が拡大する可能性はあるが、全面戦争までには拡大しないと判断した。北朝鮮が局地戦を全面戦争に拡大するには準備期間が必要だが、その間に国際社会が仲裁するという予想だった。そのような分析に基づいて延坪島射撃訓練を推進した。北朝鮮の挑発への対応計画まで軍統帥権者(大統領)の承認を受けた。今回は米国が引き止めた。過剰対応と事態の拡大を憂慮したのだ。当時のマイケル・マレン米統合参謀本部議長ら米軍首脳部がソウルを訪れたが、韓国側は断固たる姿勢だった。射撃訓練は計画通り施行され、北朝鮮軍は沈黙を維持した。

国防部はさらに一歩踏み込んだ。金長官は北朝鮮が挑発すれば「撃つかどうかを問わず先に措置を取って後に報告すべき」と全軍に命令した。北朝鮮が挑発すれば兵士であれ将校であれ自衛権レベルで現場で先に措置を取った後、結果は後に報告してもよいということだ。上級者に尋ねる必要もないという意味だ。前方では北朝鮮が挑発すれば末端哨兵から反射的に対応しなければいけないという負担と責任感で軍は自然に引き締まった。海軍参謀総長を務めた当時のオム・ヒョンソン第2艦隊司令官は退勤もせず、数カ月間にわたり野戦ベッドを使用しながら司令部執務室を守った。

2013年2月、北朝鮮が3回目の核実験をした後、ソウルに核攻撃するかのように脅迫した。国民は恐怖を感じた。しかし国防部は「北が核兵器で韓国を攻撃すれば人類の意志で金正恩政権は地球上から消滅するはず」と正面から受け返した。核戦略の原則に基づく核の傘を説明したにすぎないが、国民は勇気を受け、北朝鮮の脅迫は通用しなくなった。北朝鮮は2015年8月、卑劣な方法でまた挑発した。北朝鮮軍が西部戦線非武装地帯(DMZ)の韓国側の捜索路出入口に木箱入り地雷をこっそりと埋設したのだ。捜索偵察に行った韓国の将兵2人がその地雷で負傷した。南北の攻防が続き、北朝鮮軍は全戦線で攻撃すると主張した。しかし韓国軍の断固たる対応意志に北朝鮮軍は追加の挑発をあきらめて謝罪した。結局、北朝鮮は一連の挑発事件で韓国軍と国民の強い意志に屈服したのだ。強いが弱く弱いが強い共産主義の特徴をそのまま表した。
<Mr.ミリタリー>「北政権、核兵器を使用すれば人類の歴史から消滅」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP