주요 기사 바로가기

韓経:ウォン安ドル高…一時は1ドル=1190ウォン台

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.02 07:42
0
ウォン安ドル高が進み、一時は1ドル=1190ウォン台をつけた。米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利下げに対する期待が弱まった影響と解釈される。

1日のソウル外国為替市場で、韓国ウォンは5.40ウォン値下がりした1ドル=1188.50ウォンで取引を終えた。この日午前には1ドル=1190.50ウォンまでウォン安ドル高が進んだ。しかし午後に入るとドル売りが出て1ドル=1180ウォン台に値を戻した。取引場で1ドル=1190ウォン台となったのは6月3日(1ドル=1191ウォン)以来。

パウエルFRB議長は政策金利を従来の年2.25-2.50%から年2.00-2.25%に引き下げた。パウエル長はこの日の記者懇談会で「長期的な利下げサイクルの開始ではない」と述べた。市場関係者らはこうした発言について追加の利下げを示唆しなかったと解釈した。

大信証券のパク・チュンヨン研究員は「米国のさらなる利下げの可能性が弱まったという評価でウォン安ドル高が一時的に進んだ」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP