주요 기사 바로가기

トランプ大統領「安倍首相が私をノーベル平和賞候補に推薦」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.16 10:54
0
トランプ米大統領が15日(現地時間)、「安倍首相が私をノーベル平和賞候補に推薦する書簡を主催側に送った」と明らかにした。トランプ大統領のこうした発言は、ホワイトハウスで国家非常事態関連の演説をする途中、2回目の米朝首脳会談を説明する過程で出てきた。

トランプ大統領は「実際、これは話してもよいと思う」とし「安倍首相がノーベル平和賞というものを与える人たちに送ったという、とても美しい書簡の写本を送ってきた」と明らかにした。トランプ大統領は「彼(安倍首相)は『私が日本を代表してあなたを推薦した。ノーベル平和賞をあなたに授与するべきだと彼らに要請した』と伝えた」とし「私は感謝の意を表した。私はおそらく(ノーベル平和賞を)受けられないだろうが、かまわない」と話した。

2009年に国際外交と人類の協力強化の功労でノーベル平和賞を受賞したオバマ前大統領にも言及もした。トランプ大統領は「オバマ大統領は(ノーベル平和賞を)受けたが、なぜ受けたのかも分からないはず。オバマ大統領は15秒間ほどそこにいてノーベル平和賞を受けた」と低く評価した。

トランプ大統領は取材陣との問答で安倍首相の推薦書を5枚と説明した。そして推薦の理由について「日本の領空を(北朝鮮)ミサイルが通過し、警報が発令された。(北朝鮮のミサイル試験中断で)もう彼らは安全を感じている。私がそれをした」と強調した。

トランプ大統領は昨年10月のノーベル平和賞受賞者選定に先立ち、韓半島(朝鮮半島)の平和定着に寄与したとして受賞の可能性が提起されたが、実現しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP