주요 기사 바로가기

朴智元議員「日本は129フッ化水素生産計画…文大統領は検討を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.22 15:27
0
韓国野党・民主平和党の朴智元(パク・ジウォン)議員が半導体関連の日本の化学物質対応策に関し「日本はAI半導体1位に向けて129(9が12個、すなわち99.9999999999%)フッ化水素の生産など意欲的な計画を発表したが、韓国政府はこれを看過した」とし「韓国政府、そして大統領は関係長官と一度検討する必要がある」と述べた。

朴議員は22日、自分のSNSで「放送用として準備したものだが、重要だと判断して載せるので理解してほしい」とし「フッ化水素など日本が輸出規制で攻撃した3つ化学物質の年間輸入額は4000億-5000億ウォン(約367億-458億円)にすぎないが、我々の半導体生産企業に及ぼす影響は数兆ウォン」と伝えた。

続いて「フッ化水素は半導体のウエハーのクリーン、すなわち清掃をする物質で、これを生産する日本企業は100年を超える中小企業であり、その技術力は想像を超える」とし「純度99.999%を『59、Five9』という。現在サムスンが使用するフッ化水素はまさにこの59であり、韓国、中国、インドなどで生産するフッ化水素99.99、すなわち49は、59に比べて55%の効能であり、59を使用する時に比べて数兆ウォンの損害が生じる」とコメントした。

また「我々の企業は年間約1000億ウォンのフッ化水素を輸入していて、この輸入の代替品を確保するためにも数兆ウォンを投資しなければならず、しかも数年の時間がかかる」とし「化学物質は投資ばかりしてもならず、実験を続けなければいけない。日本のフッ化水素製造会社は100年を超える中小企業だ」と伝えた。

特に朴議員は「問題の核心は日本の技術は現在99.9999999999%、すなわち『129』まで生産するということ」とし「129フッ化水素はAI半導体生産用に必要」と主張した。さらに「日本は27年前に半導体産業トップを韓国に奪われたが、AI半導体だけは掌握しようという計画であり、今年1月からこれを告示したが、韓国政府は無知のため看過したようだ」と指摘した。

最後に朴議員は「不十分なところもあるが、現場および関連専門家の意見であるため、政府、そして大統領が関係長官と一度くらいは検討する必要がありそうだ」とコメントした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴智元議員「日本は129フッ化水素生産計画…文大統領は検討を」

    2019.07.22 15:27
    뉴스 메뉴 보기
    朴智元議員
    TOP