주요 기사 바로가기

日本の輸出規制措置、WTO一般理事会で協議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.15 07:29
0
世界貿易機関(WTO)が23~24日、スイス・ジュネーブで開かれる一般理事会で日本の韓国向け輸出規制の強化措置を公式協議することにした。産業通商資源部はこの席で日本の輸出規制措置の不当性を説明する予定だと14日、明らかにした。

一般理事会は2年ごとに開催される長官級閣僚会議を除けば、WTOの最高意思決定機構に該当する。この会議には加盟国164カ国のジュネーブ駐在大使が参加する。政府は次の閣僚会議が2020年6月に先送りされ、今回の一般理事会を韓国の立場を伝える最も適切な機会だと見て最近の懸案を正式議題として採択することをWTOに要請した。

韓国側の代表ではペク・ジア・ジュネーブ大使が出席するものと見られる。韓国政府はWTO加盟国の共感を拡大するため、高官級当局者を現地に派遣する方針も検討中だと伝えられた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP