주요 기사 바로가기

北外務省、韓国を非難 「南のステルス導入は北侵略…図々しくおかしな人々」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.11 16:49
0
北朝鮮外務省が韓国のステルス戦闘機導入をめぐり「南北軍事合意違反」としながら「北侵略の門を開くにあたり目的があるということに疑いの余地がない」とより強力に非難した。北朝鮮当局が韓国を直接非難したのは先月27日に外務省米国担当クォン・ジョングン局長の談話文発表以来、2週間ぶり。

北朝鮮外務省米国研究所政策研究室長は11日、北朝鮮官営「朝鮮中央通信」を通じて発表した談話で「南朝鮮(韓国)当局が今年3月に続き今月中旬に米国からステルス戦闘機F35A 2機の納入を受けようとしている」とし「別名『見えない殺人武器』とも呼ばれるF35Aの納入が地域に、周辺の国々に対する軍事的優位を保障し、特に朝鮮半島(韓半島)有事の際、北侵略の門を開くにあたり、その目的があるということに疑いの余地がない」と声を高めた。

あわせて「歴史的な板門店(パンムンジョム)朝米首脳対面で、朝鮮半島に肯定的な気流が造成されている時に、自分たちの同族を害する殺人武器を持ってきて置くことに順応することが南朝鮮当局者が喚いている『常識を超える想像力』の創案品なのか聞きたい」とした。

これは文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月2日の国務会議で米朝首脳間の板門店会合に対して「常識を超えた驚くべき想像力の産物」と明らかにしたことを批判したものとみられる。

外務省室長は「今回の戦闘機の搬入が我々の反発を招き、朝鮮半島情勢の軍事的緊張激化を刺激する危険千万な行為になるということを明らかに知りながらも、泣き寝入りして米国の機嫌を取りながら生きていくのが南朝鮮当局のおかしな人々」ともした。続いて「その一方で、南北間の和解と協力を喚いているところを見ると、図々しくも哀れにも思える」とした。

また、外務省室長は北朝鮮の武力挑発と実験が南側の武力増強に対する防御的手段だとも主張した。外務省室長は「南朝鮮当局が朝米関係が改善される兆しが見えれば一歩前進し、ホワイトハウスが遮断棒を下ろせば二歩後退する外勢依存の宿命から抜け出すことができないならば、南北関係の見通しは期待するべくもない」としながら「我々もやはりやむを得ず南朝鮮で増強される殺人装備を焦土化させる特別兵器開発と試験をせざるを得なくなった」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北外務省、韓国を非難 「南のステルス導入は北侵略…図々しくおかしな人々」

    2019.07.11 16:49
    뉴스 메뉴 보기
    ステルス戦闘機F-35A
    TOP