주요 기사 바로가기

孫正義氏、サムスンなど大手トップ5人と晩餐…「韓日関係について多くの対話」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.05 08:47
0
4日午後6時55分。ソウル城北洞(ソンブクドン)韓国家具博物館に黒色のメルセデス-ベンツSクラスが到着した。しばらくした後、日本ソフトバンクの孫正義(62)会長とサムスンの李在鎔(イ・ジェヨン)電子副会長が共におりた。孫会長は「韓日関係が回復すると見るか」という質問に「政治は分からない」と短く答えた後入った。引き続き、現代車の鄭義宣(チョン・ウィソン)グループ首席副会長が到着し、LGの具光謨(ク・グァンモ)代表、NCソフトのキム・テクジン代表、ネイバーの李海珍(イ・ヘジン)グローバル最高投資責任者(GIO)が順に入った。

大手トップ3人とベンチャー創業第1世代など韓国を代表する企業家が4日、一堂に会した。訪韓した孫正義会長に会うためだ。先月26日、サウジアラビアの実権者であるムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が訪韓した時、企業トップが集まって8日ぶりだ。

当時は李副会長、鄭首席副会長、具代表と崔泰源(チェ・テウォン)SK会長、辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテグループ会長など5大グループトップがサムスンの迎賓館格であるソウル漢南洞(ハンナムドン)の承志園(スンジウォン)で夜の会合を行った。今度はこの中で「李(ジェヨン)・鄭(ウイソン)・具(グァンモ)」若手トップに加えて韓国を代表する情報技術業者(IT)創業者であるキム・テクジン代表と李海珍GIOまで一堂に会して「グローバルITグル(Guru)」である孫会長を迎えた。

孫会長が率いるソフトバンク・ビジョン・ファンドは韓国ベンチャー企業Kupangに30億ドル(約3200億円)を投資した。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドは世界最大のカーシェアリングUber(ウーバー)の最大投資家で、東南アジア最大のカーシェアリング企業Grab(グラブ)などに投資している。サムスンとLGは半導体・モノのインターネット(IoT)・人工知能(AI)分野で、現代車はモビリティー分野で事業領域が重なる。

孫会長は李副会長と単独面会を行った後、同じ車両で移動するなど「格別の関係」であることを隠さなかった。ゴルフを媒介に親交を深めてきた李副会長との会合は2016年、サムスン瑞草(ソチョ)社屋で会って以来2年10カ月ぶりだ。

この日の会合で孫会長が米中貿易戦争の中で韓国企業がどのような立場に立つかに関してある種の助言をしただろうと財界は見ている。孫会長は午後9時30分ごろ、晩餐会場を離れながら(企業家に)日本の経済報復について助言したかという質問を受けて「多くの話を交わした」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    孫正義氏、サムスンなど大手トップ5人と晩餐…「韓日関係について多くの対話」

    2019.07.05 08:47
    뉴스 메뉴 보기
    ソフトバンクの孫正義会長(右)とサムスンの李在鎔電子副会長が4日午後、ソウル城北洞(ソンブクトン)韓国家具博物館に入っている。
    TOP