주요 기사 바로가기

韓国ゲーム最大手ネクソン、売却ならず…創業者が経営の一線に復帰?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.28 14:01
0
韓国ゲーム最大手ネクソンの売却がひとまずなくなった。創業者の金正宙(キム・ジョンジュ)NXC代表(51)が年初に立場表明した「会社の成長のための最善の案」のうち売却カードは引き下げられた。

投資銀行(IB)業界などによると、金代表側はネクソンの持ち株会社NXCの保有株(97.64%)の売却をめぐりネットマーブル、カカオ、MBKパートナーズなどと交渉したが、結局は合意に至らなかった。ネクソン側は東京株式市場に上場されているネクソンジャパンの株価の推移などを根拠に15兆ウォン(約1兆4000億円)以上を望んだが、買収候補はこれよりはるかに低い価格を提示したという。

ネクソンとネクソンが保有するIP(知識財産権)の価値に対する評価が売却過程で表れ、ネクソンには傷だけが残った。現在ネクソンには主力ゲーム「アラド戦記」以外にはこれという成功作がない。アラド戦記は年間売上高が3兆ウォンにのぼるが、2005年8月に発売されたゲームだ。ネクソン側がアラド戦記の過去と現在に注目したとすれば、買収候補はアラド戦記の未来がどれほど持続するのかを懸念した。アラド戦記の開発会社ネクソンコリアの子会社ネオプルを除いたネクソンコリアの昨年の売上高は9469億ウォンにすぎない。当期純損失は518億ウォンだった。

今日のネクソンを作った原動力である「開発の熱気」が以前ほどではないという点も懸念される。匿名を求めたゲーム会社の関係者は「実際にネクソンジャパンの上場後からはゲーム開発よりも財務諸表上の数値を重視する経営にまい進してきた」と伝えた。これは金代表本人も懸念した部分だ。金代表は2014年5月に開かれた「ネクソン開発者カンファレンス(NDC)」に出席し、「過去10年間(これという)ゲームはなかった」と直接的に語った。当時から5年ほど経過した現在も事情は同じだ。

金代表本人がネクソン経営に関与することも急激に減った。モバイルゲーム、バーチャルリアリティ(VR)と拡張現実(AR)市場への参入もライバルより遅れたという評価が業界から出ている。これはネットマーブル創業者パン・ジュンヒョク議長(51)が今でも開発者を督励しているのとは対照的だ。

ネットマーブルが最近出した「七つの大罪~光と闇の交戦」(4位、6月26日基準)、「 ザ・キング・オブ・ファイターズ・オールスター」(12位)は2大アプリストアで上位圏にランクされている。一方、ネクソンの今年上半期の発売作「TRAHA」は2大アプリストアで20位圏だ。

一部では今回の件がネクソンに「良薬」になるという期待もある。金代表が自ら育てたネクソンの現実を認識したという点でだ。金代表がこれまでよりネクソンの経営に直接・間接的に関与するという希望を込めた予想も出ている。ネクソンは依然として国内最大手ゲーム企業であり、優秀な開発者を最も多く保有する企業でもある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ゲーム最大手ネクソン、売却ならず…創業者が経営の一線に復帰?

    2019.06.28 14:01
    뉴스 메뉴 보기
    金正宙(キム・ジョンジュ)NXC代表
    TOP