주요 기사 바로가기

【中央時評】「権力序列1位民主労総」は虚勢でない=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.28 13:19
0
「文在寅(ムン・ジェイン)政権を引きずり下ろす」という全国民主労働組合総連盟(民主労総)の脅迫は虚勢でないという気がする。数日前、キム・ミョンファン委員長の拘束に抗議する民主労総の集会で「民主労総に触れれば大変なことが起こるだろう」と述べながら出てきた発言だが、口先だけの言葉には聞こえない。「大韓民国権力序列1位は民主労総」という言葉は事実なのかもしれない。元大統領と元大法院長も監房に送った冷酷な政権に対して「引きずり下ろす」と対抗する勢力は、大統領の上に君臨する「権力序列1位」しかないからだ。

警察を殴っても、会社で暴れても、公共機関を無断占拠しても、「民主労総」の鉢巻きさえ巻いていれば公権力が傍観するのにはすべて理由があった。予想通りキム委員長は拘束6日目の昨日、釈放された。この政権で民主労総の組合員が30万人も増えて100万人を超えたのも理解できる。近く左派民主労総が極右太極旗部隊と組んで「政権退陣」を叫ぶブラックコメディを見ることになるのかもしれない。いったい政府はどんな弱点を民主労総に握られているのか眺める必要がある。

◆ろうそく政府は民主労総に借りがあるのか

キム委員長は昨年11月、「民主党はどのように執権したのか自覚すべきだ」と声を高めた。数日前にダン・ビョンホ元委員長がキム委員長の拘束について「民主労総は事実上、ろうそく抗争の力で文在寅政権を誕生させた」と述べ、政治・道徳的離反行為だと一喝した。「お前たちがどのように執権したのかを知りながら我々の委員長を拘束するか」というニュアンスだ。ここには、ろうそくデモを主導した民主労総がなかったとすれば現政権も存在していないという傲慢な認識がある。

2016年10月-17年3月の弾劾政局とろうそくデモ当時、民主労総の役割を否定するのは難しい。動員された人と資金、舞台と施設、集会プログラム、旗とプラカードはどこから出て、誰が企画したのだろうか。多くの市民団体と市民が加勢して力を増幅させたのは事実だが、資金力・動員力・組織力を持つ民主労総が大きく寄与した。政治家は彼らが設置した舞台でマイクを握って勢力を誇示した後、政権の座に就いたというのが、民主労総の見方だ。したがって民主労総の「ろうそく政権株主論」はもっともらしい。「ろうそく政府」を誇る文在寅政権は民主労総のこのような罠にかかってもがいている。
【中央時評】「権力序列1位民主労総」は虚勢でない=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP