주요 기사 바로가기

韓国の国民の73%が「韓国の青年は不幸だ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.23 10:32
0
韓国の国民の73.4%は韓国の青年が不幸だと感じていることが明らかになった。

韓国保健社会研究院は22日、「少子高齢化社会対応国民認識および欲求モニタリング」と題する報告書を通じこうした研究結果を発表した。

研究院は2018年6月25日から7月6日に全国の19歳以上の成人2000人(男性990人、女性1010人)を対象に電話面接方式でアンケート調査を進めた。

調査の結果、「韓国の青年がどれだけ幸せだと考えるか」との問いに、「幸せだ」という回答は「やや幸せ」の23.5%と「非常に幸せ」の3.1%を合わせて26.6%だった。「不幸だ」という意見は「非常に不幸」の25.2%、「やや不幸」48.2%を合わせて73.4%に達した。

このうち「韓国の青年は幸せだ」という意見の回答率は男性が28.7%で、女性の24.5%より4ポイントほど高かった。

年齢層別に見れば20~50代は22~25%が「幸せだ」と回答したが、60代以上では35%がそう答えた。60代以上が20~50代より「韓国の青年は幸せだ」と認識していることになる。

子どもの有無で分けると、子どもがいる回答者の28.2%が「韓国の青年は幸せだ」と答え、子どもがいない回答者の22.4%より多かった。

これと関連し少子高齢化問題に対応するためには青年支援が必要ということには回答者の88.1%が同意し、高齢者支援の必要性に対しても83.7%が肯定した。

合わせて「韓国の子どもの幸福度」に対しても「非常に不幸」が13.9%、「やや不幸」が38.1%で半分を超える52%の回答者が「不幸だ」と答えた。「韓国の子どもは幸せだ」という質問では「非常に幸福」が7.9%、「やや幸福」が40.2%で合わせて48%だった。

また「韓国の高齢者はどれだけ幸せか」に対しては「非常に不幸」が15.3%、「やや不幸」が43.9%で不幸と考える意見が59.2%だった。「幸せだ」という回答は「非常に幸せ」が6.7%、「やや幸せ」が34.1%で40.8%だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP